23作目 ワタシが私を見つけるまで

「ワタシが私を見つけるまで」を観た。






世界中のアラサーと呼ばれる女性をターゲットに作られたような映画。
この手の映画、好物です。

レベルウィルソンが出演している時点で、合格点は楽々クリア。
そして今作でも期待値を超える、はじけっぷり。威風堂々。
日本の渡辺直美しかり、太っていることを開き直る芸人、女優は数多くいるかもしれないけれど、芸の域までに高めてしまえば、これほどの武器はないと思う。

ニューヨークの素敵な一人暮らし風景や、おしゃれなバー、カフェ。
一時の月9に盛に盛られていたおしゃれな都会での暮らし、恋愛、現実という典型的な3大要素が入った映画です。
が、レベルウィルソンのおかげでそんな凡作から一段も二段も格上げされています。

というより、レベルウィルソンのもはや怪演と呼ぶにふさわしい、演技を観るためだけに観たような映画でした。
完全に主人公を食いにかかっています。

レベルウィルソンの次作が楽しみでしょうがない。


[PR]
by putain-day | 2017-03-06 11:26 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< 21作目 グランドイリュージョン 20作目 ジョーとのあした ~... >>