ヤマト運輸

ヤマト運輸のアプリがすごかった・・・

d0121781_07201297.png




年々オンラインショッピングが身近に手軽になり、そんな自分も恩恵を受けている1人です。

昔はオンライン書店だったのに、今やAmazonでは揃わないものはないんじゃないかという、迷ったら最後、永久に出られなくなるんじゃないかというまさに買い物のジャングルなわけです。

安いし、早いし、そりゃあ誰もが利用しますよね。
ら〇てんとかは、自分で最安値の店を探したりしなきゃならないので、じゃっかんは高くても探している時間がもったいないから、もっぱらAmazonを利用しています。

となると、そんな便利なものは、世の中じゅうの人が利用するわけで、ニュースにもなっているけれど、配達業者の方の負担は増える一方。
なるべく時間指定などして、確実に一度で受け取れるよう心掛けてはいるけれど、突発的な用事とかでて、受け取れないなんてことも。

なので最近は、送り先をコンビニにして受け取っています。
おかげでコンビニの店員さんのリストにのったらしく、手ぶらでレジに並んでいると、「荷物の受け取りですね~」なんて顔パスで持ってきてくれる。

不覚にも昨日荷物を受け取り損ねた。
ものは試しにと、LINEアプリ?って言えばいいのかわからないけれど、LINE上で再配達の設定ができることを知っていたので、チャレンジしてみた。

再配達希望ボタンをポチっと押すと、いきなり返事のメッセージが届く。
「再配達をご希望ですね」
早朝からコールセンターにいる、綺麗なお姉さんとやりとりか!?なんて薄い期待を抱くも、相手はAIだとすぐ察知する。
何せレスポンスが早い。早すぎる。
プログラミング通りのやりとりなのかもしれないし、今となっては普通のことなのかもしれないけれど、未来を感じワクワクすると同時に、〇年後には今ある職業が一気に減り、AIが働き手となるという現実を目の当たりにし、ちょっと怖くも感じました。

こんなアプリを使用せずに、配達されるものをすんなり一発で受け取ってあげればいいだけの話なのですが。
携帯電話にLINEアプリを入れていらっしゃる方。
是非、ヤマト運輸と友だちになってみてください。
(配達時間変更や配達先も手軽に変更できますよ)



[PR]
by putain-day | 2017-03-10 06:19 | OTHER | Comments(0)
<< ベースレイヤー 24作目 くもりときどきミートボール >>