25作目 メカニック ワールドミッション

「メカニック ワールドミッション」を観た。






久しぶりにジェイソン・ステイサム パイセンのアクション、肉体美を観たくなって鑑賞。
内容なんて全く期待していなかったんですが・・・

ひどい、あまりにも酷すぎた。
クライマックスなんて、アクションも何もなくいきなり画面切り替わって、全て解決!なんてオチ、久しぶりに観ましたよ。
パイセン、製作、編集には一切関わっていないにしても、パイセンよくこれでOKしたよ。
自分だったら、出演作のリストにすら挙げたくない、暗黒面な作品に指定するよ。
一切俺の名前は出さないでくれと。

アクションは、いつも通りというか。
スティーブン・セガール叔父貴(おじき)の正統な後継者というか。
最強すぎっす。敵地に乗り込んでも血の一滴も流さず。
しかも今回は、海から乗り込むことが多く、なんと裸足で乱舞するという怪挙。
裸足で暴れまくるパイセンはもはや獣でした。

世界一かっこいいハゲおやじであることは、未だに揺るぎなし。
暫定王座は間違いない。

しかし、内容はもうちょっと改善してほしいよ。
頼むぜパイセン。

とりあえず今作は続編だと知らずに鑑賞したので、前作を観ないと。
前作もこんな醜態だったらまだ納得できるよ。


[PR]
by putain-day | 2017-03-15 06:05 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< 26作目 あなた、その川を渡らないで ベースレイヤー >>