28作目 恋するポルノ・グラフィティ

「恋するポルノ・グラフィティ」を観た。






同棲している、幼馴染の男女が、光熱費の支払ができずに悩んでいたところ、自主製作ポルノ映画を作成して、光熱費にあてがおうとする発想が最高すぎる、エロティックなコメディ。原題は直球でさらに良い。「Zack and Miri Make a Porno」
主演は、コメディ映画ではおなじみセス・ローゲン。表現や顔芸じゃなくて、話芸が最高の人。
そして驚くなから、同世代の人。
ハズレ作品もあるけれど、この人の名前がクレジットされていたら、観てみようという気にさせてくれる人。信頼はあつい。
くだらない内容なんだけど、演者・製作スタッフの本気でおバカなものをつくろうとする姿勢が、映画にも反映されているのではというくらい、コメディ映画の色って反映されると思う。
コメディに限らず、映画全体についてそういう「魔法」的なことはあるのだろうけれど、コメディが顕著に「それ」が反映しやすいように思います。
演者、製作者には申し訳ないけれど、気負わずに観れるところ、上映時間が総じて短いこと、結構掘り出しものが多いこと・・・
なので最近はTSUTAYAでもコメディコーナーをうろうろすることが増えたような気がします。

[PR]
by putain-day | 2017-03-30 05:59 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< 気になる映画 Kingsman... 27作目 ファインディングドリー >>