30作目 キングコング 髑髏島の巨神

「キングコング 髑髏島の巨神」を観た。






劇場で初めて、予告を観たときは、ハリウッド版ゴジラのように、なんだかめちゃくちゃな怪獣映画なんだろうなと鼻で笑っていました。
公開が近づくとポスターが貼りだされ、「この島で、人類は最弱。」という見出しがあり、ポスターの絵も何やら化け物だらけで、これはお祭り映画なのでは、と少しずつ心が躍っている自分がいました。

そして居ても立っても居られずに鑑賞して参りました。
結果、
参りました。

予感は的中で、完全なるお祭り映画でした。
そしてポスターのコピーどうり人類最弱というのがよかった。
次から次に出てくる化け物。
ベトナム戦争が終わり、まだまだ戦争を続けたい、戦争ジャンキーと化したサミュエルエルジャクソンの狂気っぷりも最高。

子供と一緒に鑑賞するために吹替え版を鑑賞しましたが、声優陣のキャストがことごとくミスキャストだと思うのは決して自分だけではないはず。
子供は怖いシーンでは、ブルブル体を震わせるほどビビッていたし、キングコングの格闘シーンは身を乗り出して観ていたりして、劇場を出たときに感想を求めると、「面白かった!」と一言。

老若男女楽しめる、これぞエンターテイメント作品という一作でした。

シリーズ化されるようで、ゴジラやモスラ、キングギドラまで出てくるみたい。
最後はゴジラとキングコングの一騎打ちなのだろうけれど、このスピード感、破壊力、お祭り感は絶対に失わないでほしい。

頼むぞハリウッド!

[PR]
by putain-day | 2017-04-05 05:34 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< 31作目 somewhere 29作目 スーサイドスクワッド >>