富山マラソン2017

今年も「富山マラソン」に参加してきました。
今年で3年目の富山マラソン。
じつは3回目の富山マラソン。
はい、なんだかんだありまして初回より連続で出場しているんです。

d0121781_07324793.png

今年は、奥様も半ば強制的にエントリーし、3回目にして初めての夫婦での参加となりました。

結果としては、惨敗でした・・・
驕る気持ちはなかったけれど、気持ちのどこかで、今回の出走は御守り的な考えがあったのだと思います。
そんなに余裕でフルマラソンを走れる走力があるわけでもないけれど、過去2回出場しているという、ただの経験値の差から生まれてきたものなのか、初心を忘れていました。そうです、42.195キロという距離は、かなり走りこまないと完走できない距離ということを忘れていました。

過去2回大会もなんとかゴールまではたどり着いたけれど、最後まで走り切った完走ではなく、最後はほぼウォーキング。
今大会も30キロ過ぎたあたりから、膝に激痛が走り、走ることはほぼ不可能な痛さとなり、御多分にもれずまたもやウォーキング。
自分以上の爆弾を膝に抱えていた奥さんでしたが、逆にケロっとしており、介抱される側の立場となったわけです。

さすがに3回目の出場となると、もう次回はいいかなって思いが強かったけれど、不思議なことに翌日には、完走していないのに、これで辞めていいのかと悔しい思いもフツフツと。次回の大会出場はどうするか決めていませんが、以前も記したように、あくまで「山」のために始めたトレーニングとしての一環であったランニング。
夏山で、雪山で十分に動けるだけの脚力を身に着けたくて始めたランニング。大会云々というのはわかりませんが、せっかく習慣として根付きそうになっているので、ランニングは続けたいと思います。

そして最後になりましたが、大会を運営してくださったスタッフ、雨の中でも笑顔で応援しつづけてくれたボランティアの皆さん、日曜の貴重なお休みを沿道に出て応援してくださった県民の皆様。
本当にありがとうございました。
皆さんの応援がどれほど力強いものになったか、あれは出場してみないとわからないものかもしれません。
こちらがお礼を言う立場なのに、
「雨の中、寒い思いして、走ってくれて、元気をくれてありがとう」と感謝を述べる、ご婦人がいらっしゃいました。
他人の頑張りに対して、感謝してもらえるってこんなにすごいことはないなと、目頭が熱くなりました。

結果は散々であったけれど、夫婦で最後まで走りきれたこと、叱咤激励して練習できたこと、本当に多くの皆さんに応援してもらえたこと。
過去大会で最も悪い天候のなか開催された富山マラソンでしたが、その分得るものも大きかった実り多い大会でもありました。

応戦してくださった皆さん、心配してくださった皆さん。
本当にありがとうございました!



[PR]
by putain-day | 2017-11-01 05:51 | SPORTS | Comments(0)
<< 86作目 ミニミニ大作戦 HOUSE GROW >>