カテゴリ:OUTDOOR( 78 )

ARC'TERYX PHASE AR ZIP

ARC'TERYXのPHASE AR ZIPを購入した。

以前、Blogでも書いた、ARC'TERYXのベースレイヤー3種の神器の2つ目。
本当はSVが欲しかったのだけれど、サイズと値段と迷っているうちに売り切れてしまった(涙)ので、ARを購入。

もう一度おさらい。
ARC'TERYXのPHASEシリーズというベースレイヤーには3種類ありまして、
「SV」:シビア:厳冬期登山等
「AR」:オールラウンド:秋冬のアクティビティ
「SL」:春、夏、秋の運動量が多い場合
と分けれるらしい。

試しに、スキー場でテストしてみた。
その日は子連れスキーヤーとして行ったので、アクティブな活動はなく、淡々と滑るだけ。
天気は晴れていたのだけれど、ウェアとこのARだけでは、風が強く吹いたときは寒かったです。
ウェアリングがまずかったのだろうけど、もっとアクティブに動かないと、そこまでの保温性は無い感じでした。
ハイクアップしたりする日のベースレイヤーなんかにはちょうどよいだろうな。

スキー場でパッとした成果が得られなかったので、日を改めて、テストするためだけに、寒空の下、ランニングの際に着用してみた。やはり汗をかいてもひんやり感は無く、これは以前に買ったSLと同じ感想。SLよりも生地が厚いので、保温性はあるのでしょう。

決して悪い商品でもなく、むしろ素晴らしい商品であることは間違いない。
ただ、雪国富山で冬の時期に着用するのであればきっとSVなのでしょう。
来年SVを購入してテストしてみたいと思います。

さて、そろそろ春夏物がスタートするころ。
どんな新作が出てくるか楽しみ。

もはやデザインよりも、生地、素材、効果への興味のほうが強いです。

d0121781_13551358.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-02-27 12:44 | OUTDOOR | Comments(0)

MountainHardwear Stretch Rappel Bandana

MountainHardwearのStretch Rappel Bandanaというものを購入した。

d0121781_1165245.jpg


お食事中の方すいませんでした。
確かに私がこれを被ったら、ドジョウ掬いか、下着泥棒かのどちらかに間違われてしまいます。
スキーに行ったときに、あまりに吹雪いていたら、ウエアのフードを被りますが、意外と大きなフードで、視界が狭まったりします。
そんなときに活躍しそうなこいつ。でも、この必殺な被り方、よほどのSOSの時以外は被る勇気がございません。

着目すべきはコレ。

d0121781_1184369.jpg


ヘアバンドや、首を保護するゲイターにも使えるんです。
いかに夏山とはいえ、ちょっと風が強まれば、「う”-さぶっ」ってなることもあるし、汗がしたたり落ちる暑さで、帽子なんかかぶっていられるかって時に活躍しそうなんですよね。

肌触りも非常によく、一年通して使えそうなアイテムです。
一番驚いたのは、MADE IN エルサルバドル!
なぜ?どうして?
麻薬マフィアで有名な彼の国で?
ひょっとしてこの国でした造れない特殊生地が使われているのか!?
実はすごいものなのではないのか!?

値段も非常にお財布にやさしく、妙な優越気分にひたりながら、寒くなりはじめた最近、よく使用しております。

やはりあなどれないぜよ、MountainHardwear!
[PR]
by putain-day | 2013-11-13 06:55 | OUTDOOR | Comments(0)

ARC'TERYX PHASE SL CREW LS

ARC'TERYXのPHASE SL CREW LSを購入した。

暖かい上着を一枚着用するよりも、暖かい下着を一枚着用したほうが、効果的に暖まると教えられて、ちょうどSALEだったので購入してみた。

ARC'TERYXのベースレイヤー(下着?)にはPHASEシリーズとあり「SV」、「AR」、「SL」と3種類あって、なんのこっちゃと思っていたので調べてみたら、

「SV」:シビア:厳冬期登山等
「AR」:オールラウンド:秋冬のアクティビティ
「SL」:春、夏、秋の運動量が多い場合

と分けれるらしい。
今回買ったのは、SLなので、そこまでの保温力はないタイプ。

しかし、なめたらアカンぜよ。
急に寒くなってきた今日この頃。
朝、晩は、冷え込む。
そんな中、試しに着て運動してみた。

当然、暖かくはない。
しかし、しばらく運動し、体が温まり、汗をかきはじめてきたその時、力を発揮してきた。
服は汗で濡れてきているのに、あの特有のヒンヤリ感がない。運動をしばらく休んでいても、「う~さぶっ」ってな感じで、嫌な寒さがこない。
こいつぁいい。

SLでこの良さならSVだとどうなるんだ?
と思うけど、やはりそこはARC'TERYX。値段がぶっとんでいる。
たーかーいー。

決して高いから良い。
ARC’TERYXだから良い。
と言ってはいません。(たぶん)

SLであれば、ファイントラックというメーカーからもアークよりは安価で同等の機能をもったものがある。しかし、しかし!SVに興味がある!

ここはあえて世の冷え症に苦しむ女性におすすめしたい。
絶対にSVは間違いないでしょう。

冬将軍がやってくる前に、揃えたい一品です。

一度着てみたいな~

d0121781_16434542.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-19 06:25 | OUTDOOR | Comments(0)

DRY MAX

DRYMAXという靴下を購入した。
靴下にこもる湿気を靴下外へ逃してくれて、靴擦れやマメなどの足のトラブルを解消してくれるという優れものソックス。
試しに、朝から約半日かけて、森の中を走りまくる、ゴルフにて着用してみたけれど、終始快適でした。
なるほど、確かに優れている。

そして極め付けは、MADE IN USA。
意味はわからずともこのMADE IN USAという響きは世の男性にとって、勲章のようなもの。
女性がMADE IN ITALYの靴、鞄に憧れを持つのと同じ感覚でしょうか。よくわかりませんが。

まだ一足して持っていないので、一日立仕事って事前にわかっている日や、旅行や出張で一日歩き続けなければいけない時等、特別な時に着用しています。
そんなにびっくりするほど高価なものでもないので、あと数足は欲しいです。

五本指ソックスも、結構効果あるみたいなんだけど、なんか苦手です・・・
[PR]
by putain-day | 2013-10-15 05:56 | OUTDOOR | Comments(0)

Mountain Hard Wear

秋もだいぶ深まり、紅葉が素晴らしい季節になってまいりましたが、諸事情により、夏も秋も山へいけない、悶々とした日々を過ごしております。
ただ山だけをぼーっと眺めているかといえばそうではなく、ストレスの矛先は道具へと向かっ
てしまうわけです。
日々アップデートを繰り返される、アウトドアギア。
特に昨今は、軽量化が進み、いかに軽くて高機能かというところに焦点があてられている。
そんなに頻繁に山に行くわけではないし、驚くべき高機能をフル活用できる機会も非常に少ないのはわかっている。
でも、やめられない、とまらない。
資金も限られているから、購入できるものも限られている。
いいんです。
インターネットやカタログ、雑誌をみながら、「これを買ったら〇〇で使えるな」って妄想、想像する時間が楽しいんです。

世の中には、人生を賭けて道具に没頭するくらいの人がいると思えば、僕なんて、ヒヨコ以下の存在です。

で、春先から色々見たり、調べたりしていて、このブランドが最近気になってます。
Mountain Hard Wear
d0121781_1025597.jpg


デザインがいまいちだし、何かパチモンのイメージが多かったけど、確かなものを作っています。
だって名前はすごいですもんね。マウンテンのハードなウェアですよ?
良いに決まってます。

海外通販サイトだと、春夏物はシーズン終わりに、ものすごい捨て値価格で叩き売られていたので、冬物のSALEに期待しています。
[PR]
by putain-day | 2013-10-11 06:00 | OUTDOOR | Comments(0)

CLIF BAR

栄養価とかはよくわからんけど、パッケージデザイン良し、味良し!
全味制覇だ!

d0121781_956070.jpg


早くこいつを携えて、秋山に行きてーだ。
[PR]
by putain-day | 2013-09-06 06:54 | OUTDOOR | Comments(0)

続:Arc'teryx : Actinium Short Sleeve

本当に重宝しております。このウェア。
とっても涼しいし、汗をかいてもすぐに乾く。そして軽い。
今年の夏はこればかり着てました。

が、、、

山に川にどこへでも着て行った結果、外側にある縫い目がすごい勢いでほつれていました・・・
きっと重いザックを担ぐときに擦れたりしてできたほつれだと思います。

見付けたときはショックで、「いい加減にしろ!」と言われるくらい立ち直れませんでした。

思い出すと今でもショックです。

「買いなおせば?」と言われますが、メーカー在庫無しです。

この手のウェアはとってもデリケートなんだと、身をもって体験しました。

失恋したときに、前の恋人の写真を見るような、辛い感覚におちいりますが、それでもこの着心地にはかえれないので、涼しくなるまでこの服を着倒したいと思います。

d0121781_15382829.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-08-29 12:33 | OUTDOOR | Comments(0)

Arc'teryx : Actinium Short Sleeve

映画の能書きばかり書いてないで、たまにはこんな話題も。

Arc'teryx : Actinium Short Sleeve

d0121781_92311100.jpg


千年に一度の猛暑(ホントかよ!?)がやってくるという今年の夏。
汗かきなくせに、クーラーには弱い、見た目に反したこの体。
いかに電気に頼らずに涼しく過ごすかを考えたところ、唯一無二の存在であり続ける、Arc'teryxから素晴らしいTシャツが発売されていたので、思わずポチっ。
そして、感想。
とにかく着心地が良い。そして涼しい。汗をかいてもすぐに乾く!
南国化した現在の日本。ゲリラ豪雨に遭遇しても、これまたすぐ乾く。

「ええやないか」

先ほども言いましたが、汗かきなため、グレー、ネイビー系のTシャツは汗でシャツの色が変わるため、極力避けています。(本当は着たいのだけれど)
涼しげな白色は、俗に言う膨張色であるため、パス。
行き着いたところは、黒色なのだけれど、あまりにも暑く、朝からずっとでかけていて、汗をかき続けた日は、Tシャツから塩が採取できるんじゃないかというくらい、白い模様が付くのよね・・・

夏によく着ていたのは、サッカーシャツなのだけれど、最近買ってないし、古いものは、汗を吸収したままで、なかなか乾かない。そして重くなる。
なので、これも×

で、いきついたところは、アウトドアウェア。


とまぁ、文章にすればどれだけこだわってるんだ、となりますが、それほど、夏の暑さと汗問題は深刻なわけであります。

ただ、問題点が・・・
ただでさえ老けて見られる、わたくしの容姿。
この類のTシャツを着て、子供と歩いていた日には、もうそれはそれは完全なる、O・YA・JI

せめて恰好だけでも若々しいものを、という妻の切なる願いにも中指をたてて、私は今年の夏はこのウェアと共に生きていこうと思います。
[PR]
by putain-day | 2013-08-05 06:13 | OUTDOOR | Comments(0)

patagonia houdini jacket

(しばらく前ですが)Patagoniaのhoudini jacketを購入した。

d0121781_7273010.jpg


「ペラペラのナイロンなのに、なんでこんなに高いんだ」ってずっと思ってました。

以前、パタゴニアショップに行って、店員さんと話しをしていたら、「色んな店舗がありますが、どの店舗でも1、2位を争う人気商品です。」、「パタゴニア社員はほぼ全員持っていると思います」、「超ベストセラー」ですなど、ここまで自社商品を推すのかというくらいの賞賛の嵐。
というわけで、半信半疑で購入してみました。

最近、自転車に乗る機会がどんどん増えてきているのですが、肌寒いとき、小雨のとき、風が強いとき、確かに「ちょっとした時」にあるとすごい便利。
大活躍とまではいかないけど(大活躍させる場所がないだけ?)、かゆい所に手が届く感じの一着です。

ある人が、「高機能アウトドアウェアをファッションだけで着るのはもったいない!」と言っておられましたが、まさにその通り。
自然あふれるところに行く機会は減ってはいるけれど、どこに行くときもカバンに忍ばせておきたい一品。

もうちょっと値段が安くなれば、文句無しなんだけど、それはもっと着たおしてから言うことにします。
[PR]
by putain-day | 2013-05-29 06:43 | OUTDOOR | Comments(0)

ARC'TERYX A Day in the Life

この動画好っきやわ~



宝の持ち腐れ状態になりつつあるMTB
駆け下りてみたいなぁ
[PR]
by putain-day | 2013-04-13 12:13 | OUTDOOR | Comments(0)