カテゴリ:MUSIC( 85 )

竹中直人

WANT IT!!!

d0121781_17104493.jpg




[PR]
by putain-day | 2017-08-09 12:48 | MUSIC | Comments(0)

METALLICA

家の洗濯物の山を片付けていると、一枚のTシャツに目がとまる。
そこには
「METALLICA」の文字が。

d0121781_09050783.jpg

Tシャツを手に取り、落涙する親父(私)
メタリカ、アメリカを代表する、いや、音楽史にも名前を残すであろう、ヘヴィメタルバンド(ロックバンドではない!)である。
サイズから推測するに、愚息が着用するTシャツの模様。
愚妻は、バンドとは知らずロゴがかっこよかったから購入したとのこと。
まぁ、理由はどうでもよい。
未就学児が、メタリカのTシャツを着るということに意義があるのです。

中指たてて、反骨精神を持って生きてもらいたいものです。
ヘヴィメタルたれ!!








[PR]
by putain-day | 2017-07-28 05:55 | MUSIC | Comments(0)

ALIBABA

近所にALIBBAというライブバーがある。
「BAR」と名の付くところは、小学生はおろか、幼児なんかもってのほかで、入店不可の店は多い。
外食に出かけ、おそらく飲み足らなかったであろう父親が、「小さい子供いるけどいい?」と店主に断ってなんとか入店させてもらうのだけれど、そのALIBABAという店のマスターは快く出迎えてくれ、大人の世界に踏み入れて緊張している自分に、あふれんばかりの笑顔で接していてくれた。

店内には古き良きアメリカというか、そういったものを感じさせられるものが多く飾ってある。
ジェームスディーンの大きなポスターとか、バドワイザーの看板とか。
日本でいうヤンキーではなく、アメリカ的なヤンキーに大きな憧れを抱いていた、少年時代の自分にとっては、店内の世界観がたまらなかった。

そして我が家の名物だったのが、酔った父親は必ずマスターに、「Stand by me」を唄えとリクエストすること。
いつも笑顔で「はいよ~」とリクエストに応えてくれるマスター。
アコースティックギターの音色は知っていたけれど、アンプを通して聴くアコースティックギターの音圧、ブルージーなマスターの歌声。鳴り響くハーモニカの響き。
オリジナルのStand by meはもちろん名曲であるけれど、マスターの唄うStand by meの方が自分にとってはオリジナルな唄でした。
ライブのすばらしさ、生音のすばらしさを最初に知った場所でもありました。

マスターものってくると、歌謡曲やポップス、洋楽、邦楽問わず、いろんな唄を歌ってくれた。

マスターの奥さんが作る、特別ではないけれど、格別に美味しいピザやパスタも楽しみのひとつだった。

とにかく大人な場所であると同時に子供も楽しめる、そんな特別なお店でした。

つい先日、マスターの突然の訃報が届いた。
詳しいことはわからないけれど、奥さんの手記に「急逝」とあったので、突然の出来事だったのだと思う。
息子に「弦」と名付けるくらい、音楽をギターをこよなく愛したマスター。

今度は自分が子供を連れて、お店に遊びに行きたいと思っていた矢先の出来事。

あの歌声を、あのStand by meを聴けないのが、とても寂しくとても悲しい。
Stand by meの歌詞が心に沁みる。

オサムちゃん
色んな唄を教えてくれてありがとうございました。
色々と遊んでくれてありがとうございました。
大人の世界に快く迎え入れてくれてありがとうございました。
どうか安らかにお休みください。
天国でもあのギターで、その歌声で、まわりの人を楽しませ、和ませてあげてください。
それじゃあ、また逢う日まで!









[PR]
by putain-day | 2017-07-09 06:52 | MUSIC | Comments(0)

AIMING HIGH HAKUBA

アカン、これ絶対におもろいやつやわ。

渋さ知らずオーケストラで狂気乱舞して
藤井隆のナンダカンダで昇天して
スチャダラバーのサマージャムで涙して
水曜日のカンパネラでうっとりして
日付が変わるまえには帰ってこれるし、どこかでキャンプしたり、帰りの道の駅で温泉入って車中泊でもよい。
ライブ中に、ジャンプ台を使って、ジャンパーが飛んでくるという情報もあるし、アクティビィティもたくさんあるし。

チケットまだ残っているみたいです。

d0121781_15044365.jpg



[PR]
by putain-day | 2017-06-27 12:03 | MUSIC | Comments(0)

Lenny Kravitz Tribute to Prince


かっこよすぎでしょ。
Lenny Kravitzのギターは相変わらずのギブソン・フライングV。
始めることはないけれど、ギターを買うなら迷わずこいつをチョイスしたいところ。

小学生だか、中学生のときにみたこのPVで1ラウンド開始早々、見事なKOでした。
名前がレニーなクラヴィッツですよ。もうかっこ悪いわけがない。
クラビッツじゃないところがポイント。あくまでもヴィなんです。
女性ドラマー、シンディーブラックマンのかっこよさも衰えない。



音楽はだれのものでもないけれど、黒人のドラムとかを映像でみるとDNAレベルでの差を感じてしまう。
日本人のドラムは叩くという表現に対し、黒人ドラマーなんかは鳴らすというか、大袈裟に言えば大地の鼓動というかそんなレベル。

最近生バンドってなかなか聴く機会がないけれど、やっぱりLIVEってのはいいもんです。

[PR]
by putain-day | 2017-05-19 05:50 | MUSIC | Comments(0)

MAW

興味深いインタビュー記事でした。

出演陣もすごい豪華!
行ってみたいかもなんて思ったら、明後日やんかーい
しかも昼間。

d0121781_14255707.jpg




[PR]
by putain-day | 2016-11-18 12:22 | MUSIC | Comments(0)

Zakir Hussain

ピーターバラカンさんのラジオを聴いていると、知っているミュージシャンの名前があがった。

その人の名は、Zakir Hussain
タブラ奏者です。

d0121781_09001380.jpg

お気に入りレーベル「ECM」から出ているMaking Musicというアルバムは近年のフェイバリットアルバムで、心和み、落ち着く、とても気持ちのよいアルバムです。

d0121781_08582450.jpg

そんなZakir Hussain、9月15日(木)に来日コンサートがあるらしいです。
すでにSold Outですが、久々行きたかったー!と心底悔やまれるライブでした。

そういえばこの人自身についてあまり掘り下げていなかったなぁと思い、ちょっと検索してみたところ、衝撃すぎる動画が・・・



日本のテレビコマーシャルで、浅田真央ちゃんと共演していた!!!
アンビリーバブル!!!
なぜ、このキャスティング!?
誰がディレクションしたんだ!
こんなエッジの効いたCM、なかなかないぞ!
ザキールさんのこれほどまでない、贅沢というか無駄な出演。
このCM製作関係者で、ザキールさんの凄さを知っている人、何人いるんだろう・・・
謎が謎よぶ、このCM。
テーマがみつからなくて、やり損ねていた、夏休みの自由研究の研究課題は、このCMにしようと思います。
詳細わかれば、またこちらのblogで発表したいと思います。


[PR]
by putain-day | 2016-09-10 08:42 | MUSIC | Comments(0)

ゆず 夏色

涼を求め、川遊びをしていたときのこと。

遊びも終盤を迎えるころ、帰省してきたのであろう仲良しヤングパパ軍団が近くにやってきた。
バケーションを楽しむべく、音楽も流しはじめる。

まさかの松田聖子を選曲。
うだるような暑さの中の川遊びには意外と相性がよく、「ええやないか」となる。

何曲か聖子ちゃんメドレーが続き、飽きたのか、iphoneをいじり曲を変えようとしている。

そしてチョイスしたのが、ゆずの夏色。
かなりポップ路線だけど、まぁ夏だし良いかと、その時点で完全にDJヤングパパの虜となっていることに気づく。

そして第一声で吹いた。

それではお聞きください、ゆず で 夏色。


[PR]
by putain-day | 2016-08-14 03:59 | MUSIC | Comments(0)

鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan / サマージャム'95

あの名曲のカバー。
ゆるすぎずなところが大好きです。
原曲の良さはもちろんだけど、久々にはまった。

もうなんでもかんでも暑さのせいにしてしまおう。