カテゴリ:MUSIC( 80 )

PRINCE

プリンス死去の報道があった。

故人を偲んで、ちょっと書いておこうかと・・・

プリンスとの出会いは、映画「バットマン」でした。
どういう経緯があったかはわからないけれど、当時中央通りにあった映画館へ家族みんなで観に行ったのを覚えています。バットマンが何者かはわからないけれど、バットモービルやバットスーツが強烈にかっこよくて、バットマンのキャップを買ってもらった。そのバットマンのメインテーマ曲がプリンスの「BAT DANCE」。この曲も一度聴いたら忘れられないインパクトのある曲。



それからのプリンスは、当時の自分からすると、マイケルジャクソンとの区別がつかず、ホモ?みたいなイメージしかなかった。

それから長い年月を経て、再びプリンスにやられる。
HOUSEミュージックにはまりはじめ、そのきっかけとなったDANNY KRIVITのイベントに行ったときのこと。
テンポいい曲が続き、盛り上がっていたけれど、そこで投入されたのが、「Erotic City」(だったと思う)
つたない英語で、この曲は何か教えてくれー!っと本人に聞いた記憶があります。
レコード屋で見つけたときの、あの興奮は忘れられません。

当時はインターネットで情報を収集というより、雑誌や本、店頭、クラブでの情報収集がメインでした。
Toshiyuki Gotoさんのレコードガイドブックにて「Small Club」という海賊版のアルバムの存在を知る。

d0121781_7314696.jpg


来る日も来る日もレコード屋で堀り続けたが出てこず・・・
そんなとき、Harveyだったか、David Mancusoさんがこのアルバムの「Forever in my life」という曲をスピンしておられ、Dannyさんの時同様に、まさに「なんじゃーこの曲は!!」だったのです。
まさに青天の霹靂。ちらっとブースをみると、探しに探していたSMALL CLUBのジャケットが見えるじゃないですか!かっこいいなぁ~なんて思ってたら、このアルバム、後日あまりにも簡単に手に入っちゃいました・・・
ジャケットが好きで、レコードを聴かなくなった今でもジャケットは家に飾ってあります。



この曲も好きです。





このラジオの特集は面白かったです。
プリンスがプリンスたる所以。


d0121781_7402243.jpg


がっつりはまっていたわけではないけれど、僕の人生の要所要所で、脳天に雷を落としてくれた、重要なミュージシャンです。
どうぞ安らかに。
ありがとう、プリンス
[PR]
by putain-day | 2016-04-22 06:14 | MUSIC | Comments(0)

続 Ravi Shankar

昨日投稿した、Google×Ravi Shankarですが、どんな人だったのだろうと気になってちょこちょこ調べていたら、衝撃の事実が・・・

Norah Jonesの父親って、Ravi Shankarだったんだ・・・

臓物にドスンとくる衝撃でした。
天は二物を与えずなんて嘘だ・・・
[PR]
by putain-day | 2016-04-08 05:49 | MUSIC | Comments(0)

Google × Ravi Shankar

定期的に面白い人物等を取り上げる、Googleのトップページ。

今回はまさかのシタール奏者の神、Ravi Shankar

憎いねGoogle

d0121781_10184913.jpg



[PR]
by putain-day | 2016-04-07 06:26 | MUSIC | Comments(0)

SONY PS-HX500

レコードをハイゾレ音質でPCに録音可能なターンテーブルがSONYから発売された。

ハイゾレって聴いたことがないから、とても興味あるけれど、このヴィジュアルのカッコよさの方が勝っているかも。

家電を買うとき、色々選択肢があがるけれど、いつも最終選考にまで残るのに、あと一歩足りず落選してしまうのが、SONY製品。だから我が家にはSONY製品は少ない。

しかし、いつもなぜか気になっているのはSONY製品!

たまにこういうデザイン性優れた製品が登場したり、AIBOみたいな一体だれが買うんだよ?みたいな製品の開発に全力投球し、挑んでくるところがこの会社の好きなとこでもあり、素晴らしいところ。残念ながら逆もしかりなのですが・・・

d0121781_9511642.jpg


d0121781_9513280.jpg

[PR]
by putain-day | 2016-03-22 05:43 | MUSIC | Comments(0)

無題

演歌やフォークソング、昭和の名曲なんか探し始めたら止まらないのが、youtubeという超危険サイト。

ベタですが、改めて聴くと、、、


イントロ一発目のアップの表情がたまらない。
それを挽回するかのように歌い上げる、圧倒的歌唱力。
いやはや。
切ない歌詞なのに、どこかDISCO調。
12インチバージョンとかないのだろうか。聴いてみたい。

尾崎紀世彦さんと言えば、幼いながらに衝撃だった、まさかのこのカバー



カバーと言ったら、これは外せない



あついぞ、昭和!!
[PR]
by putain-day | 2016-02-24 05:47 | MUSIC | Comments(0)

演歌とフォークソング

いきつけのスナックとか作ってみたいです。
そして、ど演歌とフォークソングに浸ってみたいと思う今日この頃です。
曲も歌詞が強烈な歌多し。



吉田拓郎さん
初めてしっかり聞きました。
ちょっと鳥肌ものでした。
両親の世代になるのでしょうか。
懐古趣味ではないけれど、アーティストからも客からもパワーや熱気が伝わってきます。
もちろん現在でも音楽の力は存在すると思います。
でも今より純水に音楽を楽しもう、聴こう、歌おうとしていると感じました。

音を楽しむと書いて、音楽。
音楽がより音楽らしかった時代だったのかなと。
なにはともあれ、音楽は今も昔も素晴らしいものにはかわりありません。
[PR]
by putain-day | 2016-02-24 05:40 | MUSIC | Comments(0)

FELA KUTI & ROY AYERS

学生時代、結構探していたレコードだったわ~
FELA KUTIのYoutubeチャンネルなんてあるのね。

d0121781_17383059.jpg


このジャケットは大好き。
だってくろさが伝わってくるから。


[PR]
by putain-day | 2016-01-18 17:35 | MUSIC | Comments(0)

DAVID BOWIE

2016年1月10日
DAVID BOWIEが69歳で亡くなったというニュースが。
しっかりアルバムは聴いたことないし、グラムロックというようなぼんやりとしたイメージがないけれど、たまにふらっとでる映画やニュースでみる彼の容姿は、本当に美しい人だなという思いしかない。
戦場のメリークリスマスでも、彼の美しさは際立っていた。

そんな彼の訃報を耳にして、なぜかはわからないけれどショックが隠せない。
なぜだろう。
69(ロック)な死に方をするあたりが、にくらしい。


[PR]
by putain-day | 2016-01-12 06:41 | MUSIC | Comments(0)

AIR × Francois K

東京の老舗(?)クラブ、AIRクローズのニュースにはビックリしましたが、AIRでのラストプレイとなる御大のプレイはとても興味があります。
月並みではありますが、どこでもドアが欲しいなぁ。
共演は、トシちゃんといえば、田原のトシちゃんではなく、ゴトウのトシちゃんでしょ!で有名な、ゴトウトシユキさん。

社会人となり、働いてみて思うことだけれど、第一線で活躍し続ける、フランソワさんはやはり偉大だなと。
自分が第一線で活躍しているなんて大それたことはこれっぽっちも思ってはいませんが、モチベーションを保ち、音楽という芸術を突き詰めていく姿勢。そこに尊敬の念すら抱いてしまいます。
「好きこそ物の上手なれ」とはよくいったものですが、続けるとなると好きだけではどうにもいかないこともあるのも、事実だと思います。もう常人では思いつかないないような、異次元にお住まいなのでしょう。

伝説と呼び名が高い、YELLOWのクローズパーティとまではいかないにせよ、伝説が誕生するのは必至かと。

d0121781_20233451.jpg

[PR]
by putain-day | 2015-11-26 22:10 | MUSIC | Comments(0)

X JAPAN

メタル記事の続き。

おススメサイトってことで、こんなページを勝手に紹介され、思わずチェック・・・

有名曲とかしか知らないけど、間違いなく日本の音楽史に名を刻んだといっても過言ではないXJAPAN

曲云々は抜きとして、一番左と、右から二番目の人は、どこかで何かを間違えたとしか思えないビジュアルなのですが・・・

スルーしたかったけれど、あまりにもインパクトが強すぎたので。
新曲がBorn to be freeだからってあまりにもfreeすぎやしないか。

d0121781_22324679.jpg

[PR]
by putain-day | 2015-10-13 22:27 | MUSIC | Comments(0)