カテゴリ:MUSIC( 85 )

カヒミカリィ

カヒミ・カリィ
1968年栃木県宇都宮市 出身
現在48歳

d0121781_13542054.jpg


頼むから嘘であってほしい。
48歳って・・・

インターネットの無い時代。
「渋谷系」という今聞いたらどんな系?ってなる文化に憧れを抱いていた、若かりし頃。
この人のラジオだけが、情報源でした。
録音してストックしてたもんなぁ。
曲だけを編集して、オリジナルテープ作ってたりしたもんなぁ。
あのテープどこにいったんだろう。
[PR]
by putain-day | 2016-07-06 06:40 | MUSIC | Comments(0)

Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験

なんだかすごそうなイベント
ただでさえ、先鋭的なビョークが「実験」って・・・

本日、6月29日にはビョーク本人によるDJもあるとのこと。

気になりすぎる、イベントです。

d0121781_15575296.jpg

[PR]
by putain-day | 2016-06-29 05:55 | MUSIC | Comments(0)

eden 10th Anniversary

気付けば、20年来の友人、カトチンが営む、edenの10周年おめでとうパーティーに行ってきました。

d0121781_203367.jpg


続きを読む
[PR]
by putain-day | 2016-06-28 20:20 | MUSIC | Comments(0)

プリンス論

プリンスの音楽について、そこまで詳しいわけではないけれど、この方の生プリンス論は、一聴の価値あり。
知識のすごさもさることながら、喋りもおもろい、西寺さん。
マニアックなイベントですが、勇気を出して扉をあけてみたい。

d0121781_183225.jpg


プロモーターのセンスに拍手!
[PR]
by putain-day | 2016-06-18 06:00 | MUSIC | Comments(0)

Grooveman Spot

久しぶりに夜外活動へ出かけました。

d0121781_1052280.jpg


続きを読む
[PR]
by putain-day | 2016-06-17 06:03 | MUSIC | Comments(0)

PRINCE

プリンス死去の報道があった。

故人を偲んで、ちょっと書いておこうかと・・・

プリンスとの出会いは、映画「バットマン」でした。
どういう経緯があったかはわからないけれど、当時中央通りにあった映画館へ家族みんなで観に行ったのを覚えています。バットマンが何者かはわからないけれど、バットモービルやバットスーツが強烈にかっこよくて、バットマンのキャップを買ってもらった。そのバットマンのメインテーマ曲がプリンスの「BAT DANCE」。この曲も一度聴いたら忘れられないインパクトのある曲。



それからのプリンスは、当時の自分からすると、マイケルジャクソンとの区別がつかず、ホモ?みたいなイメージしかなかった。

それから長い年月を経て、再びプリンスにやられる。
HOUSEミュージックにはまりはじめ、そのきっかけとなったDANNY KRIVITのイベントに行ったときのこと。
テンポいい曲が続き、盛り上がっていたけれど、そこで投入されたのが、「Erotic City」(だったと思う)
つたない英語で、この曲は何か教えてくれー!っと本人に聞いた記憶があります。
レコード屋で見つけたときの、あの興奮は忘れられません。

当時はインターネットで情報を収集というより、雑誌や本、店頭、クラブでの情報収集がメインでした。
Toshiyuki Gotoさんのレコードガイドブックにて「Small Club」という海賊版のアルバムの存在を知る。

d0121781_7314696.jpg


来る日も来る日もレコード屋で堀り続けたが出てこず・・・
そんなとき、Harveyだったか、David Mancusoさんがこのアルバムの「Forever in my life」という曲をスピンしておられ、Dannyさんの時同様に、まさに「なんじゃーこの曲は!!」だったのです。
まさに青天の霹靂。ちらっとブースをみると、探しに探していたSMALL CLUBのジャケットが見えるじゃないですか!かっこいいなぁ~なんて思ってたら、このアルバム、後日あまりにも簡単に手に入っちゃいました・・・
ジャケットが好きで、レコードを聴かなくなった今でもジャケットは家に飾ってあります。



この曲も好きです。





このラジオの特集は面白かったです。
プリンスがプリンスたる所以。


d0121781_7402243.jpg


がっつりはまっていたわけではないけれど、僕の人生の要所要所で、脳天に雷を落としてくれた、重要なミュージシャンです。
どうぞ安らかに。
ありがとう、プリンス
[PR]
by putain-day | 2016-04-22 06:14 | MUSIC | Comments(0)

続 Ravi Shankar

昨日投稿した、Google×Ravi Shankarですが、どんな人だったのだろうと気になってちょこちょこ調べていたら、衝撃の事実が・・・

Norah Jonesの父親って、Ravi Shankarだったんだ・・・

臓物にドスンとくる衝撃でした。
天は二物を与えずなんて嘘だ・・・
[PR]
by putain-day | 2016-04-08 05:49 | MUSIC | Comments(0)

Google × Ravi Shankar

定期的に面白い人物等を取り上げる、Googleのトップページ。

今回はまさかのシタール奏者の神、Ravi Shankar

憎いねGoogle

d0121781_10184913.jpg



[PR]
by putain-day | 2016-04-07 06:26 | MUSIC | Comments(0)

SONY PS-HX500

レコードをハイゾレ音質でPCに録音可能なターンテーブルがSONYから発売された。

ハイゾレって聴いたことがないから、とても興味あるけれど、このヴィジュアルのカッコよさの方が勝っているかも。

家電を買うとき、色々選択肢があがるけれど、いつも最終選考にまで残るのに、あと一歩足りず落選してしまうのが、SONY製品。だから我が家にはSONY製品は少ない。

しかし、いつもなぜか気になっているのはSONY製品!

たまにこういうデザイン性優れた製品が登場したり、AIBOみたいな一体だれが買うんだよ?みたいな製品の開発に全力投球し、挑んでくるところがこの会社の好きなとこでもあり、素晴らしいところ。残念ながら逆もしかりなのですが・・・

d0121781_9511642.jpg


d0121781_9513280.jpg

[PR]
by putain-day | 2016-03-22 05:43 | MUSIC | Comments(0)

無題

演歌やフォークソング、昭和の名曲なんか探し始めたら止まらないのが、youtubeという超危険サイト。

ベタですが、改めて聴くと、、、


イントロ一発目のアップの表情がたまらない。
それを挽回するかのように歌い上げる、圧倒的歌唱力。
いやはや。
切ない歌詞なのに、どこかDISCO調。
12インチバージョンとかないのだろうか。聴いてみたい。

尾崎紀世彦さんと言えば、幼いながらに衝撃だった、まさかのこのカバー



カバーと言ったら、これは外せない



あついぞ、昭和!!
[PR]
by putain-day | 2016-02-24 05:47 | MUSIC | Comments(0)