カテゴリ:BOOK( 23 )

Spectator

毎号ではないけれど、今も買っている雑誌の一冊、Spectatorの次回号が面白そう。

特集のなかには、
「デリー発、イミズスタン行き 富山カレートリップ」
というものがあるみたい。

Spectatorならではの内容に期待。

d0121781_21170909.jpg

[PR]
by putain-day | 2017-10-02 21:17 | BOOK | Comments(0)

BRUTUS とんかつ

d0121781_11044427.jpg
やはりこの雑誌、ブレていない。
間違いない。ゆるぎなし。
小学校の頃から、かつ丼、とんかつが大好きです。
愛しています。
美味しい蕎麦屋に行っても、メニューでカツ丼を探します。
頻繁には行けないけれど、美味しいとんかつ、かつ丼を求めて、東奔西走します。
そんな迷える子羊の新たな指南書となるだろうか。
東京の有名店ばかり掲載されているのは百も承知だ。
立ち読みも、試し読みもせずに購入決定。
なんなら雑誌とkindle版と二刀流ぜよ。





[PR]
by putain-day | 2017-08-01 05:03 | BOOK | Comments(0)

OCEANS

先日、待ち時間があり、店内を見渡すと新聞や何冊の雑誌が置いてあったので、せっかくなので読んで待つことに。
その時手にしたのが、普段本屋で手に取ったことのなかった、「OCEANS」という雑誌。
食わず嫌いだったといえばそれまでなのだけれど、何か手にとってはいけない、負のオーラが雑誌から発せられていて、アンタッチャブルな雑誌でした。
初めて開く雑誌。
表紙から予想がつく直球勝負な特集の連続。
都会のおしゃれな大人は、仕事も遊びも子育ても家事も何事もスタイリッシュにしてるんだぜ!的な、90年代の月9ドラマのような雰囲気。
この時点で嫌悪感すら感じました。
もうファッションとしての教科書というより、なぜこの雑誌はここまでいらっとさせるのかという研究対象に。
まず、コンセプト。
雑誌の対象者が「37.5歳」らしい。
その0.5って何!?いる!?
若者でもおじさんでもない、ちょうどその間と意味づけしたいのだろうけど・・・
まずこの0.5がダサイし、いさぎよくない。
次に、「キーワード」
大人の読む、ファッション雑誌といえば、「ちょいワルおやじ」とか「美魔女」とか、旋風を巻き起こしたキーワードがあり、そのキーワードをもとに雑誌は構成され、今や発行部数にも影響を及ぼす、重要な単語です。
御多分に漏れず、このOCEANSにも存在した。
まさかとは思い、バックナンバーとかも一応確認したけれど、この雑誌はこの単語を推しているらしい。
「オッサン」
どんな使い方がされているかと言うと、
「オッサンに許される海パン、ダメな海パン」
「How to enjoy オッサン life」
「ネコとオッサン」
「オッサン達がたどりついた腕時計愛」
これ実際に全部あった特集です。
個人的には「How to enjoy オッサン life」に大賞を贈りたいし最大限の賛辞を述べたい。
「37.5歳」と「オッサン」とキーワードを頭にたたきこみ、雑誌を読み進めると、もはやギャグ雑誌でしかなくなる。
とはいえ、発行部数もそれなりにあるであろう雑誌。
世の30~40代の男性がスタイリッシュなオッサンを目指している現実に、この国の未来がどれだけ暗いものになるか、不安を感じられずにはいられない。

[PR]
by putain-day | 2017-07-19 05:16 | BOOK | Comments(2)

stuben

書籍、雑誌は好きなので、応援の意味も込めて、買いたいのだけれど、なかなかそうもいかないのが現実。

何様発言ではありますが、お金を使うならできるだけインデペンデントなものに、顔が見える媒体に使いたいと思います。

正直申しますと、ちょっとお高い本ではありますが、このstubenというマガジンはとても楽しみにしています。
発売はもうすぐ・・・

d0121781_10503791.jpg

[PR]
by putain-day | 2016-10-15 05:47 | BOOK | Comments(0)

NATIONAL GEOGRAPHIC

世界的な権威と歴史があるこの雑誌で、こんな特集をしていたとは・・・

この攻めの姿勢。
出版業界もまだまだ、攻めている人がいるんですね。

d0121781_1814147.jpg


学生時代にやっていたブログを思い出しました・・・
[PR]
by putain-day | 2015-07-28 06:58 | BOOK | Comments(0)

on your mark

毎号欠かさずチェックしている雑誌、on your markの新刊が発売されました。
新刊といってもまだ3号目なのですが、、、

前号に引き続き、表紙はアスリートよりもアスリートな男
Masaya Fantasistaさん。
これだけで購入は決定なのですが、一言姑の小言を、、、

ファッション雑誌もwebも、アクティビティも、兎にも角にも鎌倉、葉山、逗子特集ばっかり!
ちょっとひねりがきいたところで、八ヶ岳周辺特集とかか。
そりゃあオシャレな人たちわんさかなのかもしれないけれど、あまりに偏りすぎているというか。
もっと違う特集してほしかったな。
内容が違っていることに期待。

d0121781_221478.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-10-27 22:13 | BOOK | Comments(2)

買いたい雑誌 読みたい雑誌

出版不況ってどこ吹く風・・・

読みたい書物がバンバン登場してくるやないか・・・

以前が買い過ぎていただけだったのか、最近は全く雑誌というものを購入しておりませんでしたが、完全に火が付きました。

本屋へ走ります。

MASAYAさんが表紙♪

d0121781_1147591.jpg


いつかまた行ってみたい国

d0121781_11502834.jpg


あらゆるものがインターネットで購入できるようになってから、東京という街への興味は薄れていきましたが、代官山 蔦屋書店はうらやましすぎます。
[PR]
by putain-day | 2014-04-22 06:42 | BOOK | Comments(0)

買いたい書物 読みたい書物

d0121781_1885584.jpg


d0121781_18953.jpg


d0121781_1891814.jpg


d0121781_1893398.jpg


本屋サイコー!
[PR]
by putain-day | 2014-04-17 07:07 | BOOK | Comments(0)

SPECTETOR

先日本屋に行ったときに発見。
新刊が発売されてたの知らなかったから、すごい得した気分。

最近巷に溢れている、アウトドア特集ですが、さすがSPECTATOR。
あんなことから、こんなこと、しまいには「野糞のススメ」という記事まで。
唯一無二。さすがです。
家でじっくり読もう。

d0121781_10394079.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-01-18 06:51 | BOOK | Comments(0)

POPEYE

リニューアルしてから毎号楽しみなPOPEYE。
そのPOPEYEがまさかの特集。
しかも表紙には立山の一文字が。本屋へ走ろう。

d0121781_1230313.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-01-10 12:30 | BOOK | Comments(0)