<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

GLOAMING PARK IN THE CITY

たまには長文に挑戦。

ちょっと遅い話題かもしれないけど、あえてタイムリーなときには、Blogに載せたくなかったというか・・・
最近は、なんちゃって映画批評みたいなことばかり書いてますが、映画でも音楽でも書籍でも、Blogであまり批評的なことは書きたくないというか・・・(あくまでも感想のつもりなんです)
このBlogは、自分が見たり聞いたり読んだりしてよかったものは、紹介したいというよりも、共有したい感のほうが強くて、そのためにやっているというのが一点。
二点目は、自分の忘備録のつもりでやっています。

あまり文章を書いたりすることもないし、自分のボキャブラリーって限られてるなって、このBlogをやっていてよく思います。
良い作品に出会ったとき、「やばい」という一言で片付けたくないというのは常に思ってます。
どうしてやばいのかをいかに文章や言葉で表現できるかをあえて狙ったりするけど、あっという間に壁にぶつかってしまいます。
特に、友達がやっている、作っているものには「やばい」はあまり乱用したくないと思っています。なんか安っぽく感じるし、インスタントな感じがして好きではありません。

話はだいぶそれましたが、このCDは、昔から知っている同級生の友達が作ったMIXCDです。
購入してからは、仕事で車に乗っている時、家族でドライブする時、本を読むとき、家で子供と遊ぶとき、本当に良く聴きました。
MIXCDって展開がわかっちゃうし、繰り返し聴けるものは、とても少ないです。展開がわかっていても、曲と曲がミックスされるタイミングがわかっていても、何度も同じところでゾクゾクっとくる感じがする。これが僕の中で好きなMIXCDの定義でした。
でもこのCDはその感じとはまた違う。なのに何度も聴いてしまう。中毒性があるんですね。どこに中毒されてしまっているのか、わからないところがまたにくいです。
あとは、GROOVE感ってやつでしょうか。友達が作ったCDだから、という潜入感はもちろんあるし、利き音比べみたいのをやって、友達の音だとあてる自信はもちろん無いけど、なんだか彼の音なんですよね。悪くいえば○○っぽいってやつなんですが、それとは違う。決して計算されつくしたものではないけど、きっと友達の感覚や記憶、経験が音にのっかっているのでしょう。
実際どんな感じで作ったのかは、またお酒でも呑みながらインタビューしてみたいです。
でもきっとそういうときに限って、「CDを売って、小銭を儲けたかった。」「俺がいかにスターDJかを証明したかった」というドス黒いアンサーが返ってきそうですが、真相はいかに。

今年の冬にスキー場へ行く車の中で聴いたときが、一番「いいな~」って思いました。
桜が満開の小春日和の日に、熔けてしまいそうなしまいそうなカンカン日照りの真夏の日に聴いたとき、どんな印象を受けるんだろう。
今からとても楽しみです。

そんなこんなでオススメです。

d0121781_2395282.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-03-28 23:58 | MUSIC | Comments(0)

16作目 コロンビアーナ

「コロンビアーナ」を観た。

殺し屋(女)の復讐劇。
リュック・ベッソン。
ヨーロッパコープ(確かリュック・ベッソンの映画会社)

とニキータじゃないかYOな三拍子揃った映画。

数々の映画で凄惨な復讐シーンを目にしてきたけど、復讐の対象者を獰猛な犬に食べさせるという斬新パターンがあったけど、犬には食べられたくない。
食べられるなら大好きなサメがいいけど、劇中でサメに食べられている人もそういえばいた・・・

メキシコ、コロンビア等の南米マフィアはおっかない。
特に顔面な刺青だらけで、片手に斧なんて姿を見た日には、失神決定。
ブラジルもスラム街は未だ荒れ放題と聞くけど、大丈夫なのか2016年ブラジルオリンピック!

d0121781_9442876.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-03-27 06:56 | MOVIE2013 | Comments(0)

15作目 パッセンジャーズ

「パッセンジャーズ」を観た。

ある映画そっくりな感じで、途中からオチが「ひょっとして・・・」と思ったけど、わりと最後まで楽しめて観ました。

その”ある映画”同様、本作を見終わってからすぐに、主要シーンだけを再度観てみると、「おぉ~っ」となるわけです。
レ・ミゼラブルで助演女優賞をとった、今をときめくアン・ハサウェイですが、個人的にはバットマン-ダークナイトライジング-でのキャットウーマンの妖艶さが好きだったのですが・・・

観て損はしない映画だと思います。

80点

d0121781_752432.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-03-19 06:50 | MOVIE2013 | Comments(0)

14作目 まほろ駅前多田便利軒

「まほろ駅前多田便利軒」を観た。

TSUTAYAをうろうろしていたら、なんとなく目にとまって、なんとなく借りてみました。
色んなところで「まほろ」って言葉は目にしていたから、きっと潜在的に気になっていたのかもしれない。

結果は、「う~ん」
内容はともかく、細身で長身、それに付け加えてのイケメン。
が、物語の設定とはいえ、体操着を着たり、便所スリッパをはいたり、よれよれの白い肌着を着ていて、ヒゲを生やして、髪がぼさぼさであっても、これだけあってもスタイリッシュにしか映らない!駅前の雑居ビルに事務所兼自宅としてどれだけ不衛生に過ごしていても、これまたおしゃれにしかうつらない。
主演の二人の演技に文句をつけたいわけでは決してありません。
やはり主役が陰な存在と設定するのであれば、もっと陰なイメージをもった役者がよかったのではないかと。
キャスティングに渇!
といっても、有名俳優じゃなきゃ、興行収入が期待できないのでしょうけど・・・

d0121781_7245238.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-03-13 06:57 | MOVIE2013 | Comments(0)

雷鳥バレー スキー場

久しぶりに雷鳥バレースキー場に行ってきた。
小さい頃から、スキーと言ったらこのゲレンデというくらい、私のホームゲレンデ。

d0121781_11502583.jpg


結構人もたくさん来てました。

さて、バックカントリーブームと呼ばれる昨今ですが、これでもかってくらい太いスキーをはいている人たくさんいました。

人気のVECTOR GLIDEの板で気持ち良さそうに滑っている方もたくさんいました。
(いいなぁ~)

しかし、圧巻だったのは御年60歳くらいだろう、初老のスキーヤー。
ウェアがArc'teryxで(しかも上下とも!)、板がパスダー用のファットスキー。
しびれました。かっこよすぎでした。
本物って感じ。
回数はそんなに行けないけども、雪山遊びは生涯続けていきたいなと改めて思う、そんな光景でした。

個人的に今注目してる、Blaxk Crowsの板をはいていらっしゃる方もいました。
http://www.blackcrows-skis.com/
日本では確か、今年から取扱いが始まったばかりなのに・・・
強靭揃いの富山雷鳥バレースキー場でした。
[PR]
by putain-day | 2013-03-04 06:57 | OUTDOOR | Comments(2)

13作目 Jエドガー

「Jエドガー」を観た。

クリント・イーストウッド監督作ということで、期待半分、だめだろうなぁという思い半分で観ましたが、結果は惨敗。
時代背景をもっと知っていれば、もう少し楽しめたのかもしれない。
あと、もっとFBIという組織がどのようにして大きくなっていったかを観れると思ったんだけどな。
だけど、これくらい強いリーダーシップを持った人に諸外国との外交にあたってほしいです。


50点

d0121781_9455166.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-03-01 06:54 | MOVIE2013 | Comments(0)