<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

29作目 ドリームハウス

「ドリームハウス」を観た。

ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツとマイフェイバリット役者が出ているというだけで、観る価値有りな一本、というくらいの印象でしたが・・・

これは個人的にはかなりやられた。
久しぶりに観てよかった一本。

賛否分かれる映画だと思います。
たまたま僕には賛だったのかもしれません。

何を書いてもネタバレになるので、何も書きません。

石川県に嫁がれた、富山出身のナオミさん。
よかったら観てください。おすすめです。

98点!

d0121781_7583540.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-08-31 12:06 | MOVIE2013 | Comments(0)

続:Arc'teryx : Actinium Short Sleeve

本当に重宝しております。このウェア。
とっても涼しいし、汗をかいてもすぐに乾く。そして軽い。
今年の夏はこればかり着てました。

が、、、

山に川にどこへでも着て行った結果、外側にある縫い目がすごい勢いでほつれていました・・・
きっと重いザックを担ぐときに擦れたりしてできたほつれだと思います。

見付けたときはショックで、「いい加減にしろ!」と言われるくらい立ち直れませんでした。

思い出すと今でもショックです。

「買いなおせば?」と言われますが、メーカー在庫無しです。

この手のウェアはとってもデリケートなんだと、身をもって体験しました。

失恋したときに、前の恋人の写真を見るような、辛い感覚におちいりますが、それでもこの着心地にはかえれないので、涼しくなるまでこの服を着倒したいと思います。

d0121781_15382829.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-08-29 12:33 | OUTDOOR | Comments(0)

MTB

富山市は八尾町桐谷 地内でマウンテンバイクコース整備等の調査業務委託を発表。調査期間は平成26年2月まで。
調査の結果、整備が可能と判断されれば、来年度以降に基本設計などを順次進める。

マウンテンバイクを楽しむ人は増加傾向にあり、北陸三県では石川県小松市、福井県大野市など数か所しか整備されておらず、今回のコースが完成すれば富山県内では初めてのマウンテンバイクコースとなる。

と、業界新聞紙に記事が載っていました。

数年前、「富山市街中にフットサルパーク建設予定」という記事が載り、おおはしゃぎで人と話まくっていた結果、いつの間にか話は流れ、「いつできるんだ、この大ホラふき野郎!」といたいめにあったことがあります。

だからあまり人には話ません。
だけど実現してほしい話です。

もう10年くらいたつでしょうか。
やるぜ、ダウンヒル!とはりきって買ったキャノンデールのMTBも公園や河原をたまに走る程度で、もっぱら街乗り専用車と化しています。

婦中町にはスケボーパークができるし、MTBコースができればとても面白いと思う。

富山県はなぜか「ガラスの街」を全面に押し出したまちづくりを行っているようですが、ガラスではインパクト薄いし、やはり観光客は来ないと思う・・・
(ガラスの作品は素晴らしいと思います!)

ここはやっぱり富山の大自然をいかした、スポーツの街!富山というような街づくりに路線を変更してくれればいいのに。

新幹線開通ももうすぐ目の前。
しつこいようですが、ガラスだけでは観光客は来ないし、街は盛り上がりませんよ!!
政治家のみなさん!
[PR]
by putain-day | 2013-08-29 12:24 | SPORTS | Comments(0)

28作目 (500)日のサマー

「(500)日のサマー」を観た。

苦手とする、恋愛系映画でしたが、大好きなジョセフ・ゴードン レヴィットが出演しているということで、挑戦してみました。

ちょっと気になったんで調べてみました。

ジョセフ・ゴードン レヴィット
1981年生まれ。(歳が近い!)
コロンビア大学に進学。(頭が良い!)
フランス文学に傾倒し、フランス語が話せる。(Oh my god!)

天は二物を与えずとはよく言ったものですが、ジョセフもそんな一人だったのね。
インセプションにしても、バットマン(ダークナイトライジング)にしても、知的オーラが漂っていたのは、決して演技ではなかったのね。

で、本題の映画は、というと、割と集中して観れたんですが、なんだかあっけなく終わってしまって、ちょっと拍子抜け、、、
そもそもの話の設定に若干の無理があったかと思います。

かっこいいジョセフさんを観たい女性におすすめします。

60点

d0121781_952591.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-08-21 06:56 | MOVIE2013 | Comments(2)

肉だんご

孤高の中華料理店、我らが「一平飯店」。
店主は、一平さんでも、店長でも、大将でもない。「マスター」と呼ばれている。
きっと喫茶店のマスターではなく、スターウォーズのジェダイのそれに近い呼び名だと思う。

そんなマスターが作る、中華料理は、ドラマティックでファンタスティック。
飲食店禁煙が主流の世の中で、まさかのくわえタバコ姿で、中華鍋をふるうその出で立ちは、鳥肌もの。

そんな一平飯店。

愛弟子が作る広告がなんともチャーミング。
いささか強引な気もしますが、その強引さがいいんですよね。

久しぶりに富山の夏の風物詩。
一平飯店の冷やし中華 ジャンボに挑戦してみたくなった今日この頃です。

d0121781_9452319.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-08-13 06:34 | FOOD | Comments(0)

世界陸上モスクワ2013

世界陸上@モスクワ 2013が開幕しましたねー。

初日から号泣しました。
原因は、、、
女子マラソンの福士加代子選手の力走。

以前から特別気になっていた選手ではないのですが、あの天真爛漫なキャラが記憶に残ってたのか、スポーツニュースや報道を見聞きすると、「福士さん、勝ったんだ」、「福士さん、ダメだったんだ」と、ちょっとだけ一呼吸おいてしまうようなそんな選手でした。

陸上競技はとてもシンプル。
誰が一番早く走れるか。誰が一番高く飛べるか。
特に道具を使用するわけでもなく、体力気力の限界に挑むスポーツ。
だけどもそのシンプルさが故、あまりテレビでかぶりつくように見たことはありませんでした。

しかし、今回の女子マラソン。
残念ながら終始というわけではないけど、未だかつてないくらいにかぶりついて見ました。

号泣の理由。
1.福士さんの力走with笑顔
2.沿道に揺れる日の丸国旗
3.野口さんの途中棄権

マラソンは走ったことないけど、1時間くらいは走ったことがあります。恐ろしくしんどいスポーツです。しかもマラソン選手、半端なく早い。よくテレビで沿道をダッシュしている少年をよく見かけますもんね。自転車で走る人とか。
前置きが長くなったけど、トラック競技からマラソンに転向して、とてつもない努力があったと思います。新聞にも、「練習中につらくて何度も泣いた」とありました。そして、晴れてモスクワで、その努力が実りました。そしてとても楽しそうに走っていた。もうその時点で、僕はアウト。
そして沿道に揺れる、日の丸国旗。
現地に住む人なのか、遥々日本から応援に来た人たちなのかはわかりませんが、遠い彼の地で見る、日の丸には、どれだけ励まされることでしょう。そして、沿道に揺れる日の丸国旗の美しいこと。
日の丸国旗は世界で一番美しい国旗であると確信しました。
勝手に自分も応援されている気になって、ここでも涙。
そして、最後は野口さんのリタイア。
元オリンピック金メダリスト。でもその言葉が重圧となり、オリンピック以降、あまり良い記録に恵まれてきませんでした。そして復活をかけて、挑んだ今回の世界陸上。
ファンやまわりの応援があるから走れる、走らせてもらえると知っている、感謝のランナー野口さんのリタイアの映像で、三度の涙。

思い出しても、ジーンときます。

やっぱりスポーツはええなぁ
[PR]
by putain-day | 2013-08-12 20:02 | SPORTS | Comments(0)

27作目 おおかみこどもの雨と雪

「おおかみこどもの雨と雪」を観た。

監督の細田さんは富山県出身(しかも私の高校の先輩だそう!)とのことで、見たことのある富山の風景が作中の随所に観られます。
そしておおかみ人間の子供を育てる母の奮闘記ということで、両観点からして、とても親近感を感じる映画でした。
親近感を感じすぎてか、一人で観ながら「そこは〇〇しちゃだめでしょ」てな具合に、途中から小姑化してつっこみなが観てました。
劇中ではおおかみ人間の子供を育てるというのが大きなテーマですが、おおかみ人間ほどじゃないにしろ、一人の人間を育てていくのは、本当に大変なことだと思います。
特に世の母親たちは、主人公である母親の「花」と似た経験・体験をしていると思います。
世の母親たちの投影とも思えます。
何をしても可愛い我が子ですが、男にはわからない苦労をたくさん経験しているはず。
何はともあれ、母は偉大です。

つっこみどころは少々ありましたが、子育てをする父親、母親のみなさんが観たら、何か必ず得るものがあるのではないでしょうか。

80点

d0121781_16461228.jpg


黙っておこうと思いましたが、オオカミのごとく咬みつきたい点が一点。
主人公の花さん、優しすぎだよ・・・
宮崎あおいさんはとても素晴らしい女優さんだと思いますが、この声が拍車をかけてさらに優しく、頼りなく感じて、途中イライラしてしまった。(でもそれだけ、映画にのめりこんだということです)
[PR]
by putain-day | 2013-08-09 06:22 | MOVIE2013 | Comments(0)

26作目 フィッシュタンク

「フィッシュタンク」を観た。

思春期の女の子が向き合う、貧困、恋愛、友情などがうまく描かれた作品だと思います。
イギリス映画ということで、その雰囲気が僕は好きでしたが、女性の方が観たらきっと、もっと違う観方をするんだろうなと思う。
もう一度観返すか?と言われればNOですが、何か大切なものを失いかけたときに観たくなる、そんな映画なような気がします。

d0121781_17385100.jpg


75点
[PR]
by putain-day | 2013-08-06 06:45 | MOVIE2013 | Comments(0)

25作目 モンスター上司

「モンスター上司」を観た。

何気に豪華俳優が出演していて、ハリウッドが本気を出しておバカ映画に挑むというような、この手の映画は、どうも観てしまう。

でも途中に大丈夫かな?と失速するのがいつものパターンなのだけれど、多少のスピードダウンはあるにしろ、最後まで楽しめて観れました。
やっぱりケビン・スペイシーはうまい。
サミュエルLジャクソンはところかまわず何でも出演していて、こちらも負けじと劣らず素晴らしい演技なのだけれど、ケビン・スペイシーの妙なオタク感とも言うような、その”妙”な感じが秀逸です。

TSUTAYAのロングセラーの欄に並ぶだけある。
なるほど!な一作でした。

d0121781_12362856.jpg


80点
[PR]
by putain-day | 2013-08-06 06:28 | MOVIE2013 | Comments(0)

Arc'teryx : Actinium Short Sleeve

映画の能書きばかり書いてないで、たまにはこんな話題も。

Arc'teryx : Actinium Short Sleeve

d0121781_92311100.jpg


千年に一度の猛暑(ホントかよ!?)がやってくるという今年の夏。
汗かきなくせに、クーラーには弱い、見た目に反したこの体。
いかに電気に頼らずに涼しく過ごすかを考えたところ、唯一無二の存在であり続ける、Arc'teryxから素晴らしいTシャツが発売されていたので、思わずポチっ。
そして、感想。
とにかく着心地が良い。そして涼しい。汗をかいてもすぐに乾く!
南国化した現在の日本。ゲリラ豪雨に遭遇しても、これまたすぐ乾く。

「ええやないか」

先ほども言いましたが、汗かきなため、グレー、ネイビー系のTシャツは汗でシャツの色が変わるため、極力避けています。(本当は着たいのだけれど)
涼しげな白色は、俗に言う膨張色であるため、パス。
行き着いたところは、黒色なのだけれど、あまりにも暑く、朝からずっとでかけていて、汗をかき続けた日は、Tシャツから塩が採取できるんじゃないかというくらい、白い模様が付くのよね・・・

夏によく着ていたのは、サッカーシャツなのだけれど、最近買ってないし、古いものは、汗を吸収したままで、なかなか乾かない。そして重くなる。
なので、これも×

で、いきついたところは、アウトドアウェア。


とまぁ、文章にすればどれだけこだわってるんだ、となりますが、それほど、夏の暑さと汗問題は深刻なわけであります。

ただ、問題点が・・・
ただでさえ老けて見られる、わたくしの容姿。
この類のTシャツを着て、子供と歩いていた日には、もうそれはそれは完全なる、O・YA・JI

せめて恰好だけでも若々しいものを、という妻の切なる願いにも中指をたてて、私は今年の夏はこのウェアと共に生きていこうと思います。
[PR]
by putain-day | 2013-08-05 06:13 | OUTDOOR | Comments(0)