<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

45作目 ヒーローショー

「ヒーローショー」を観た。

井筒監督作で巷では、傑作と駄作と見事に真っ二つにわかれる、ちょっとした問題作。

で、観てみましたが僕は、「うーん」な感じでした。
役者は新人?無名?な人ばかりでしたが、適材適所というか、結構みんなはまっていた気がします。
ダメだった箇所は、主人公演ずるお笑い芸人の演技。
お笑い芸人という夢はあるものの、そこまでの情熱を持てず、混沌とした日々を暮すという設定の主人公なんですが、そのダメダメな感じが、ダメでした。
演技がうますぎるのか?それとも演技云々の前に生理的に受け付けないのか。
井筒組であれば、演技がダメということもあまりないでしょうし(しかも主役ですから)、おそらく後者があてはまってしまうんじゃないでしょうか。
それに引き替え、相方さんの演技は素晴らしかったです。硬派な田舎ツッパリ役が見事にはまってました。

中東や、南米のマフィアは、失禁ものの怖さとよくこのブログでもぼやいていますが、日本のヤンキーも負けじ劣らず、おっかないです。
マフィアとは違った、中途半端な怖さがある。何をしでかすかわからいような。
やっぱり暴力はいかんですね。

60点

d0121781_7511235.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-31 06:50 | MOVIE2013 | Comments(0)

邂逅の森

「邂逅の森」熊谷達也 著
を読んだ。

狩猟者の「マタギ」が主人公の小説。
舞台は、100年くらい前の東北(だったはず)

読み始めは、台詞は東北弁だし、あまりイメージできない土地の設定に苦労して、あまりページを読み進めることができませんでしたが、途中から完全に物語の虜となり、一気に読み進めることができました。

熊を狩るシーンの描写は、こちらまで息をひそめるような感じでとても緊張感がありました。

性描写も結構あったのですが、エロスというより、本能むきだしの獣同士の絡みあいな感じで書かれており、こちらもすごかったです。

何かものすごいものを読んでしまったという印象です。

個人的には堂々の100点!

d0121781_15124138.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-26 12:59 | BOOK2013 | Comments(0)

44作目 クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲

「クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を観た。

劇場公開時に、子供に観せるために劇場に足を運んだ親たちが、上映中に嗚咽をあげながら鑑賞していたという、ある意味問題作で有名な今作。

ちょっとは大人の階段をのぼっただろうから、観てみた。
結果、嗚咽とまではいかなかったけど、あやうく落涙しそうになってしまった。
きっと、年輪を重ねれば重ねるほど、この映画から受けるダメージは大きくなるのだろうと思う。
まだまだ経験不足ということなのでしょうか・・・

泣かせるポイントもあれば、子供向けに作ったであろう、おバカなシーンも多々あって、久しぶりに観たシンちゃんだからか、結構楽しんで観ることができました。

クレヨンしんちゃんの作者って、亡くなられてもういないんだなぁと思うと、少しセンチメンタルな気分になったのでした。

75点

d0121781_8451565.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-25 06:38 | MOVIE2013 | Comments(0)

ARC'TERYX PHASE SL CREW LS

ARC'TERYXのPHASE SL CREW LSを購入した。

暖かい上着を一枚着用するよりも、暖かい下着を一枚着用したほうが、効果的に暖まると教えられて、ちょうどSALEだったので購入してみた。

ARC'TERYXのベースレイヤー(下着?)にはPHASEシリーズとあり「SV」、「AR」、「SL」と3種類あって、なんのこっちゃと思っていたので調べてみたら、

「SV」:シビア:厳冬期登山等
「AR」:オールラウンド:秋冬のアクティビティ
「SL」:春、夏、秋の運動量が多い場合

と分けれるらしい。
今回買ったのは、SLなので、そこまでの保温力はないタイプ。

しかし、なめたらアカンぜよ。
急に寒くなってきた今日この頃。
朝、晩は、冷え込む。
そんな中、試しに着て運動してみた。

当然、暖かくはない。
しかし、しばらく運動し、体が温まり、汗をかきはじめてきたその時、力を発揮してきた。
服は汗で濡れてきているのに、あの特有のヒンヤリ感がない。運動をしばらく休んでいても、「う~さぶっ」ってな感じで、嫌な寒さがこない。
こいつぁいい。

SLでこの良さならSVだとどうなるんだ?
と思うけど、やはりそこはARC'TERYX。値段がぶっとんでいる。
たーかーいー。

決して高いから良い。
ARC’TERYXだから良い。
と言ってはいません。(たぶん)

SLであれば、ファイントラックというメーカーからもアークよりは安価で同等の機能をもったものがある。しかし、しかし!SVに興味がある!

ここはあえて世の冷え症に苦しむ女性におすすめしたい。
絶対にSVは間違いないでしょう。

冬将軍がやってくる前に、揃えたい一品です。

一度着てみたいな~

d0121781_16434542.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-19 06:25 | OUTDOOR | Comments(0)

Nike Fuel Band

Nike Fuel Bandがとうとう?ようやく?日本でも発売される模様。

¥15,000.-也

使ってみたいけど、今の自分にとっては高価な代物です。

買われた方、レポートお願いします。

d0121781_8303491.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-17 06:05 | MACHINE | Comments(0)

Steve Jobs

Steve Jobsがこの世を去ってから、2年(おそらく)

iPhoneがDocomoでもようやく発売された、今日この頃。
iPhone発表時のスピーチを初めて見た。
やはりSteve Jobsさん、おそろしくスピーチがうまい。
紹介するものがiPhoneだっているのは知っているのに、
「iPhone」
って紹介された瞬間、鳥肌がたった。

裏話だと、発表当時のiPhoneはまだまだ改良の余地があるらしく、いつフリーズしてもおかしくなかったものだったそう。
世界中が注目した一世一代の場で、とてもリラックスし、楽しそうにプレゼンしている。
きっと、「俺はこんなにすごいものを作ったんだぜ!」って、まるで子供のように、世界中の人に見てもらいたかったに違いない。

会社では、鬼より怖く、非人道的だったという。
でも、このスピーチを見た限り、Steve Jobsという人は、物作りが本当に大好きで、極限までのシンプルを追い求め、できないと思われることを本気でどうにかしてやろうという、人並み外れた努力の人だと思った。

もう少し、彼が創造した”モノ”で、心踊らされたかったなぁ



定番ですが、このスピーチも何度聞いても素晴らしい。



stay foolish stay hungry
[PR]
by putain-day | 2013-10-17 05:59 | OTHER | Comments(0)

天一美術館

忘備録

天一美術館
〒379-1619
群馬県利根群みなかみ町谷川
TEL:0278-20-4111

奈良美術館の新館を設計した、吉村順三 作

山に囲まれた、素晴らしい美術館。
常設展示
ピカソ「牧神」
ルノワール「裸婦」
岸田劉生「麗子像」 等
[PR]
by putain-day | 2013-10-15 23:02 | WANT | Comments(0)

DRY MAX

DRYMAXという靴下を購入した。
靴下にこもる湿気を靴下外へ逃してくれて、靴擦れやマメなどの足のトラブルを解消してくれるという優れものソックス。
試しに、朝から約半日かけて、森の中を走りまくる、ゴルフにて着用してみたけれど、終始快適でした。
なるほど、確かに優れている。

そして極め付けは、MADE IN USA。
意味はわからずともこのMADE IN USAという響きは世の男性にとって、勲章のようなもの。
女性がMADE IN ITALYの靴、鞄に憧れを持つのと同じ感覚でしょうか。よくわかりませんが。

まだ一足して持っていないので、一日立仕事って事前にわかっている日や、旅行や出張で一日歩き続けなければいけない時等、特別な時に着用しています。
そんなにびっくりするほど高価なものでもないので、あと数足は欲しいです。

五本指ソックスも、結構効果あるみたいなんだけど、なんか苦手です・・・
[PR]
by putain-day | 2013-10-15 05:56 | OUTDOOR | Comments(0)

Sinn 856.B.S

こういうのを見たら、宝くじが当たらないかなと思う、ちっぽけな人間です。
欲しいなぁ~

d0121781_2233528.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-14 22:33 | WANT | Comments(0)

43作目 ビューティフルマインド

「ビューティフルマインド」を観た。

なぜかずっと疎遠だった映画。
観よう、観ようと思っていたのに、なぜか縁がなく、ずいぶんと長い年月を経てからの鑑賞。

結果

最高でした。
今年観た、セント・オブ・ウーマンに匹敵する、心揺さぶられる、素晴らしい映画。
超有名作ですが、こんな映画、そうそう出会えるものではない。
夜中にちょっとだけ観るつもりが、結局全部観てしまった。
ラッセル・クロウがおそろしく若い。
切ない表情が、熊のぬいぐるみみたかった。

鑑賞後調べてみたら、ヒロイン役の人と、劇中に出てくる俳優(ダヴィンチコードにも出演している人)が共演をきっかけに、結婚とのこと。
ラッセル・クロウではないんだ・・・ と妙に複雑な気持ちになるも、堂々の100点です!

d0121781_821824.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-12 06:13 | MOVIE2013 | Comments(0)