<   2014年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

70作目 ダラスバイヤーズクラブ

「ダラスバイヤーズクラブ」を観た。

何の知識も入れず、映画を観るのが好きですが、今回は映画評論家:町山智浩さんの簡単な解説を聞いてから鑑賞しました。

いまでこそ、エイズという病気は、正しい知識が広まり、防げる病気だということは、わかっています。うる覚えですが、中学生頃に性教育の一環として、エイズという病気を教わり、予防法などもそのとき知ったように記憶しています。空気感染、接触感染はしないとか簡単な知識ですが。

当時は、そんな認識など皆無で、エイズは同性愛者のみが感染する、非常に恥ずべき病だったそうです。
深い話は避けますが、キリスト教という宗教が深くかかわっており、本来人を救うべきはずの宗教が、エイズ患者を苦しめるという負の環境だったそうです。
エイズを認めるということは、同性愛を認めることにつながるため、救済処置も薬の開発も手つかずのまま。疫病のような病気でした。

そんな中、エイズ患者の人権を訴え、米国国内では違法だけれども、他の国では認知、開発されている薬を輸入し、患者に配布したという実話をもとにした映画です。

まずは、アカデミー賞主演男優賞もとったマシューマコノヒーが圧巻です。
エイズ患者を演じるため、自慢の筋肉を封印し、壮絶な減量をおこない、観ているだけでも痛々しい主人公を演じていました。
そして同じく、アカデミー賞助演男優賞を獲得した、ジャレッド・レト。写真家のテリー・リチャードソンと仲が良い役者という認識しかありませんでしたが、病に侵されたドラッグ・クイーンを見事に演じていました。映画の内容もさることながら、この二人が圧巻すぎました。

大切なのは、過去ではなく、今自分がすべきことは、何なのか。
よくありがちなメッセージですが、ガツンと響いた、素晴らしい映画でした。

90点

d0121781_12295284.jpg



[PR]
by putain-day | 2014-10-29 06:11 | MOVIE2014 | Comments(0)

on your mark

毎号欠かさずチェックしている雑誌、on your markの新刊が発売されました。
新刊といってもまだ3号目なのですが、、、

前号に引き続き、表紙はアスリートよりもアスリートな男
Masaya Fantasistaさん。
これだけで購入は決定なのですが、一言姑の小言を、、、

ファッション雑誌もwebも、アクティビティも、兎にも角にも鎌倉、葉山、逗子特集ばっかり!
ちょっとひねりがきいたところで、八ヶ岳周辺特集とかか。
そりゃあオシャレな人たちわんさかなのかもしれないけれど、あまりに偏りすぎているというか。
もっと違う特集してほしかったな。
内容が違っていることに期待。

d0121781_221478.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-10-27 22:13 | BOOK | Comments(2)

MOS DEF

大好きなMos Defのアルバム、「Black On Both Sides」のサンプリング曲集のサイトらしいけど、ダウンロードできるのできないのどっち!?

それにしても素晴らしい企画。

d0121781_20411381.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-10-24 06:38 | MUSIC | Comments(0)

HOUSE OF CARDS

踏みこんではダメだとわかっているのですが、やってしまいました。

海外ドラマ、久しぶりのチャレンジです。
はまってしまって大変になるというのがわかっていたから、誰になんと言われようと、避け続けてきた、海外ドラマですが、、

ケビン・スペイシー×デヴィット・フィンチャー

d0121781_9553942.jpg


この名を聞いたら、気づいたときにはダウンロードボタンをクリックしてしまってました。

さぁまた眠れない日々の始まりです。

リンク、あってるかどうかわかりませんが、1話目が無料配信されています。
みんなではまりましょう!

他にも海外ドラマ、気になるものばかりです・・・

映画なみのクオリティなドラマですが、映画鑑賞のカウントには、いれません!
ちくしょー!
[PR]
by putain-day | 2014-10-22 06:56 | MOVIE | Comments(0)

69作目 プリズナーズ

プリズナーズを観た。

以前予告を観てから、DVD化をずっと待っていた作品。

撮影が007(スカイフォール)で素晴らしい仕事ぶりを発揮した、ロジャー・ディーキンス(他にもショーシャンクの空に、デッドマンウォーキング、ノーカントリー、ファーゴと映画史に残る名作ばかり)ということで、内容よりもむしろ映像に期待した作品でした。

どんな映像を観ても「オォー」と唸るだけの「ネームバリュー」大好きなエセ映画評なので、映像に関しては、黙秘。

久しぶりに150分の長尺映画でしたが、集中力切れることなく最後まで楽しめました。
終わり方については色々な意見があるでしょうが、僕は好きでした。

特筆すべきは、ジェイク・ギレンホールの演技。
特に、瞬きがすごかった。なんか癖のある刑事のような。あの瞬きが普段からの癖であるのならば、ずっこけてしまうのですが、あれが演技ということであれば、本当に役になりきっていて、

主役のヒュー・ジャックマンは、どうも手から鋼の爪がシャキーンなイメージが強くて、見前は不安さえ感じたのですが、多少の胃もたれ感はありますが、こちらも負けじ劣らずな熱演ぶりだったのではないでしょうか。

劇中での関係のように、まさに陰と陽な感じで素晴らしかったです。

個人的に結構好きなテレンス・ハワードも相変わらず、痒いところに手が届く感じでこちらも◎

ポール・ダノの怪演もよかったです。あのオタク感。なかなかだせないよな~
そして顔がボコボコになったあのメイク。戦慄でした。怖かった。

もしこの事件が、実際に起こったならば、一番怖いのは、このテレンス・ハワードさんの奥さんを演じていた役柄の人。
悪事に手は染めないし、良識もありそうだけれども、自分に害が及んだ時、常軌を逸する行動にでそう。

この映画のヒュー・ジャックマンじゃないけれど、非常に、パニックになったとき、心身、物資共に備え、余裕がないといかんですね。

やはりもっと自然に入って、経験値を積まねば・・・

92点

d0121781_7462559.jpg



[PR]
by putain-day | 2014-10-22 06:24 | MOVIE2014 | Comments(0)

68作目 ライフ

LIFEを観た。

久しぶりの映画鑑賞。昨年以上のペースで観続けてきたけれど、ちょっと失速してしまった、、、

久しぶりにTSUTAYAへ行くと、観たかった映画のDVD化ラッシュで、ちょっとあたふたしてしまいました。
そんな中で選んだ今作。

エンドロールにて監督が主演のベン・スティラーだったことを知り、驚きました。
作品はちょっと荒削りなところがあるけれど、映像がとてもきれいで観ていて飽きませんでした。
???な部分はあったけれど、作品のメッセージには共感できる部分が多々あり、個人的には観てよかった映画でした。

特別面白い映画ではないけれど、たまに観返したくなる映画、ありますよね。
今作はそんな一本でした。

あとは、秀逸だったのは、タイトルコール等をはじめとする、背景に文字を馴染ませた感じの演出。ポスターを観てもわかりますが、このセンスは好きでした。

でも65点

d0121781_7505475.jpg




ポスターの
「この映画には ! がある」ってコピー、好きじゃありません。
もっと他のコピーなかったのかな。

ショーンペン、かっこよすぎました。

HFさんにこのBLOG読まれているらしいです。
[PR]
by putain-day | 2014-10-20 07:51 | MOVIE2014 | Comments(3)

ロープ

ここ数年のうちにクリアしておきたい課題
「ロープワーク」



Arc'teryxにしろ、Patagoniaにしろ、アウトドアメーカーが作る、イメージビデオは観ていて飽きません。
近い将来、こういう映像がカタログになるのではないかと思ったりもします。
確実にそのほうが商品は売れると思う。
[PR]
by putain-day | 2014-10-16 06:56 | OUTDOOR | Comments(0)

Find Away

日本の雪山は素晴らしい!



北海道のニセコなんかは、世界中の好きモノが集まる場所で一部リゾート化しているってことだけど、元々は田舎だったと思います。
日本にはもっともっと魅力的な田舎があると思います。
観光地もよいけれど、田舎発見の旅なんてのも憧れるな~
[PR]
by putain-day | 2014-10-16 06:39 | OUTDOOR | Comments(0)

ついに、、、

シリーズ完結編。
さようなら最強の親父。


[PR]
by putain-day | 2014-10-15 12:11 | MOVIE | Comments(0)

観たい映画

映画メモ

デビット・フィンチャー最新作 ゴーン・ガール

フィンチャーワールド炸裂なるか!?



TRACKS(邦題未定)

永遠の僕たちを観て、一瞬でハートを打ち抜かれてしまった、ミア・ワシコウスカ主演映画です。
別人とも思えるような表情。相当ハードな撮影だったに違いない。



The Raid 2
前作は超低予算ながら、見所たっぷりのアクション映画だったタイ(?)映画の続編
前作をしのぐアクション満載のようです。

予告編



そして注目したいのがコチラ



この女性殺し屋のカバンから凶器を出すシーンに鳥肌。
まさかの金槌両手持ち。
おそらく映画史上初の試みではないでしょうか。
そして金属バット一本でのアクションシーン。
身近なものが一番の凶器になるなんて話をきいたことがありますが、それを体現している映画ではないでしょうか。
[PR]
by putain-day | 2014-10-14 18:55 | MOVIE | Comments(0)