<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

77作目 大脱出

「大脱出」を観た。

アーノルド・シュワルツネガーとシルベスター・スタローンの80年代、90年代映画ファンからすると涎もののキャスティングですが、さすがに老化は否めません。

この二人の映画を観て育った我々世代としては、面白い面白くない、興味のあるないに関わらず、観なければならない映画です。

劇場公開時はさほど、興味もなくスルーしていたのですが、予告編で完全なるネタバレ。
ちょっと調べてみたのですが、やはりこの予告編は、公開当時もかなり問題になったそうで・・・
観ていても、結局はこうなんでしょ、ってなっちゃいますもんね。

未見ですが、エクスペンダブルズでも大暴れしているみたいですし、シルバーパワーは古今東西、どこも一緒なんですね。

70点

d0121781_11354511.jpg




以前、事件があったから余計にそう見えてしまうのだろうけれど、二人とも超絶なまでに絶倫な感じします。
[PR]
by putain-day | 2014-11-29 06:27 | MOVIE2014 | Comments(0)

MITSUBISHI OUTLANDER

以前からこのスペシャルサイトに登場する人は、個人的に抱かれても良い人たちばかりだったのですが、とうとう真打登場です。



そろそろ車買い替えのタイミングも近づいてきたので、こりゃ〜もう、三菱アウトランダーで決定か!?

雪道ガンガン走れて、燃費も良くて、地球にもやさしい。

素晴らしい!
[PR]
by putain-day | 2014-11-22 01:36 | MACHINE | Comments(0)

サバイバル

TSUTAYAで目にとまって、こんなものを借りてしまった。
シーズン1全巻、、、



シーズン2はもっと凄そう、、、



一度言ってみたかったこの台詞。

閲覧注意です。
[PR]
by putain-day | 2014-11-20 06:43 | OUTDOOR | Comments(0)

76作目 ドラッグウォー 毒戦

「ドラッグウォー 毒戦」を観た。

エグザイル~絆~ 以来、二度目のジョニー・トー作品。

主演の方の演技がよくて、終始緊迫感を保てていた映画かと思います。
終盤の銃撃戦は、そこまでしなくても・・・な感じでリアリティさには欠けますが、あくまでも魅せることに徹したのかなと。
でもマシンガンを使用せずに、小さな拳銃だけで使用しての銃撃戦。映画史に残ると言ったら過言かもしれませんが、球数だけでいけば結構上位ランキングにくいこむのではないでしょうか。

極悪非道な南米麻薬カルテルに対して、冷徹な香港中国マフィア というイメージ。
そういった要素を少し組み込んでもよかったのかなと思いました。
実際の麻薬絡みな事件て、ニュースだけで終わって見過ごされがちだけど、やはり深刻な問題です。

ダメ、絶対。

75点

d0121781_7352413.jpg




二丁拳銃の立ち振る舞いってやっぱりかっこいいです。
[PR]
by putain-day | 2014-11-20 06:30 | MOVIE2014 | Comments(0)

75作目 新しき世界

「新しき世界」を観た。

またまたきました、韓国映画。
韓国得意の、マフィア、潜入捜査ものです。

この手の韓国映画は何作か観てきましたが、緊張感だけで言うとダントツ一位かも。
毒をもって毒を制すなストーリーで、目新しいものもないんですが、飽きのこない展開。
圧巻なのは、最後の乱闘シーンからのフィナーレ。
スイッチが入る瞬間というか、あっここからくるなっていうシーンがあった、ほら来た!っていう瞬間がたまりません。

色んな名作映画の良いとこどりな感じもするけれど、映像と役者の演技が光っていたので、無問題。

88点

d0121781_1313215.jpg


そしてまたもやこの男。
チェ・ミンシュク。
今まで観た映画、かなり登場率高めです。
[PR]
by putain-day | 2014-11-15 06:09 | MOVIE2014 | Comments(0)

74作目 ブリングリング

「ブリングリング」を観た。

意外にも初ソフィア・コッポラ監督作。

勝手なイメージだけれども、おしゃれな映像が受けている監督・作品というイメージしかなかったので、避けてきたんですが、そのイメージ通りの直球勝負な内容だったので、ここは腹をくくってこちらも受け止めることにしました。

内容は、ハリウッドに住むセレブの家に侵入する、ヤング強盗団(実際にあった事件)を映像化したもの。
シャネルにプラダにビトンにルブタン、まぁ僕でも知っているようなブランドの服やら宝石やらを盗みまくるだけの映画です。
たいしたオチもない。

しかし、ちょっと待てよと思った。
ただの勘繰りだと期待したいけれど、そのヤング強盗団をはじめ、世のブランド好きの人たちって、ブランド品を買うこと、着ることに夢中になりすぎて中身が伴わない人たちもいる。別にブランド品を買うことも着ることも否定はしないし、高額なブランド品も否定はしない。
ただ、そこに潜んでいる虚無感的なこと、上辺だけの外見、付き合いで中身は空っぽよ~な敢えての作り、ダブルミーニングをかけていたとしたら、、、
恐るべし、ソフィアコッポラとなるのですが、真相はいかに、、、

監督のインタビューとかないかな。文献とか。

あとは、エマ・ワトソンの別格感がよかったです。
クラブでの妖艶なダンスシーンとか。
危うく落ちかけました。

とまぁ、真相がわからないだけに、なんとも言えないので、

50点+エマ・ワトソンの妖艶さで10点=60点

d0121781_875242.jpg




ポスターではちゃっかりセンターに立っているエマ・ワトソン。
事務所絡みなのか、本人たっての希望なのか。
女の執念・邪念が伝わってくる、ホラーなポスターだ・・・
[PR]
by putain-day | 2014-11-13 08:10 | MOVIE2014 | Comments(0)

HARRIS TWEED

COMME DES GARCON × H&M

ユニクロ × UNDER COVER

世の中に数多あるコレボレーション品ですが、久しぶりにおったまげました。

COMME DES GARCON × SUPREME並の衝撃です。

HARRIS TWEED × シマムラ だそうです。

興味ある

けど、

買わないだろう。

でも

興味ある。

d0121781_2131385.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-11-12 21:28 | FASSION | Comments(0)

73作目 サンブンノイチ

「サンブンノイチ」を観た。

正直、この作品の監督さんである方は、好きではありません。芸風も、見た目も、話し方も。
ではどうして、観たのか。
あんなに嫌っていた韓国映画ですら、観たら面白いものもあった。
ひょっとして、という一縷の望みにかけてみました。

監督さんの本業が芸人なのからでしょうが、台詞の所々、映像の節々にお笑いポイントがあったけれど、まったく笑えない。むしろ不快。

劇中の台詞にもありましたが、きっとタランティーノ監督作が好きなのでしょう。
タランティーノオマージュなのかもしれませんが、安直すぎるただのパクリ。
センスのかけらもなく下品でした。

ストーリー自体は悪くないと思うのだけれど、如何せん、、

たまには撃沈レベルの失敗作も観ないとね、、、

30点
窪塚さんキレてるね~の点数です。

d0121781_1849598.jpg




イライラポイントは幾つもあるのですが、コレだけは言わせてください。
相方含む芸人何人かが出演しているゲイビデオ シーン。
たった数秒なのに、エンドロールでは主役級の扱い。
この時点で、身内芸人総出演の身内ノリ映画が確定。その時点で全てが終わりました。

最後に、
BGMがひどすぎる。
[PR]
by putain-day | 2014-11-12 06:34 | MOVIE2014 | Comments(0)

DAIHATSU WAKE

最近、自家用車を買い替えた。

富山県スタイルに浸食されたくなかったけれど、諸々の理由により
夫=大きい車
嫁=軽四
という格好になりました。

軽四ってのは、まったくもって悪い印象しかなかったのだけれど、実際に乗ってみると、これがまぁなんともよくできた車だこと。
荷物が積めないのは、しょうがないとして、今のところ悪い点が見当たらない。
冬の雪道には、一抹の不安要素を感じるけれども、、、

し、か、し、
新車を購入して一カ月、見てはいけないものを見てしまった。
新車を購入して、最初の後悔。
わかる人にだけわかる。

まずはこちらをご覧ください。

もう一台欲しい。

この車で、CAR DANCHIしたかったなぁ・・・

d0121781_2101781.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-11-10 21:00 | MACHINE | Comments(1)

72作目 365日のシンプルライフ

「365日のシンプルライフ」を観た。
おそらく人生初のフィンランド映画。

今、最も気になっていることを体現したような映画。
まさに、今見るべき映画でした。

内容のほうは???な箇所もいくつかあったし、なんだよ~な部分もあったけれど、人間が生きていくうえで大切なモノ必要なモノって、本当に限られているんだなって。

断舎利なんて言葉も流行ったけれど、そういうものではなく、本質をついて、よりシンプルに。

モノが少なければ、無くす心配もないし、片付ける必要もない。
いっそのこと、机のの上にあふれかえっているこの書類の山を全て、ごみ箱にポイっと捨ててしまいたいと思いながら綴っています。

気づけば、もうすぐ年末。
大掃除を始める前に、徐々に身軽になっていきたい。

映画としては点数低いけれど、非常にためになったので
88点

d0121781_922670.jpg




劇中で流れる、小粋なJAZZが気になった。
久しぶりに買いたいと思うサントラ。
チェックしてみようっと。
[PR]
by putain-day | 2014-11-08 06:09 | MOVIE2014 | Comments(2)