<   2015年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

35作目 超高速!参勤交代

「超高速!参勤交代」を観た。



良い評判を聞いていて気になっていたのだけれど、評判通り良かったです。
ドリフターズのように、わかっていても笑ってしまえるという人であれば、楽しんで観れると思います。

古畑任三郎シリーズばりに好演を魅せた、富山県出身、西村雅彦さんが良かったな~
西村さんの使い方を心得ているというか。
西村さんにしかできない役でした。

その反面、紅一点、深田恭子の大根役者ぶりが光る!
この人は、本当に何を演じても様にならない・・・
というかそこまでこの人の演技を観たこともないけれど、おそまつでした。

中途半端やアクションものや、完成度の低いミステリーを作るより、日本映画はこうした映画をどんどん作っていくべきなのにな~と思いました。

トレイルランニング的要素がたっぷり詰まった、高速冒険活劇でした。

85点。
[PR]
by putain-day | 2015-06-30 12:38 | MOVIE2015 | Comments(0)

34作目 ポイント・ブランク~標的にされた男~

「ポイント・ブランク~標的にされた男~」を観た。



本や映画の記憶って、結構すぐに忘れるんだけど、この映画の忘れ方は、ひどかった。
数日前に観たのに、タイトル、内容、これっぽっちも記憶されていなかった・・・
ネットで調べてようやく、あぁ~これかって思い出した。

記憶つながりだと、たまにダウンロード音源をたまに買ったりするけれど、久しぶりに聴こうと思ってiTunesとかみても、全然曲がみつからない。
レコードやCDの時だと、このジャケットの何曲目って覚え方していたものだから、結構検索に手間取る。
今更な話ではあるけれどね。
家にあるCDはほぼ、PCに取り込んで、哀しいかな、嬉しいかな、手のひらより小さなHDDに全ておさまっている。
なのに、これだけ検索に手間取るとは本末転倒。
dommuneとかで、DJをたまに観たりするけれど、本当にすごいと思う。
DJによって人それぞれ、管理方法は違うのだろうけれど、管理方法、検索方法を聞いてみたい。
iTunesでもジャケット検索できるけれど、量がありすぎて、なかなか・・・

って全然映画の話からはそれてしまいましたが、映画自体は可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
ただ面白いくらいに記憶がなかったということは、そんな映画だったということでしょう。

自分の記憶を信じて

45点
[PR]
by putain-day | 2015-06-27 07:34 | MOVIE2015 | Comments(0)

FELA KUTI

ちょっと観てみたいな、このミュージカル
熱気ムンムンだろうな~

関東在住であれば、気軽に観に行けたりするんだけど。
LCCとかもっともっと増えればよいのに。

d0121781_6504063.jpg


しかし、あれだ。
この人物のことをまったく知らない人は、このタイトルを聞いて「?」と思う人も、絶対にいるだろうな。
ちょっとすごいタイトル。
[PR]
by putain-day | 2015-06-26 06:52 | MUSIC | Comments(2)

33作目 オオカミは嘘をつく

「オオカミは嘘をつく」を観た。



タランティーノが絶賛していたということを知り、気になっていた映画。
ようやく観れました。
作品は断定できないけれど、タランティーノ絶賛作品っていまいちぱっとしないイメージ、記憶があったので、半信半疑ではありましたが、、、

傑作!
ではなかった。むしろ、あまり好きではなかった。けれど、よかった!っていうのが感想でしょうか。
グダグダ書いているとネタバレになりそうなので、きっぱりやめますが、面白い映画の要因として、
観終わった後に、語り合えることができるっていう作品ってことが大きいかもしれません。(あくまでも私見です)
時間というものは、誰にとっても平等に与えられるものです。
一作品、約2時間。誰もが自分のその2時間を犠牲(っていうと大袈裟ですが)にして、映画を鑑賞する。
受け取り方は千差万別。自分のなかで2時間、その作品と向き合って、自分の中で消化するもよし、他の人とああでもない、こうでもないと語り合うもよしですが、やっぱり共有ではないけれど、語り合えるってのはいいものです。家族や友人が同じ作品を観ているのに、全然違う捉え方をしていたり、自分が気づきもしなかった面白いところに気付いていたり、映画を通して、より人のことがわかるというか。
作品の良さはもちろんだけど、タランティーノも、この「語り合いたくなる映画」という観点で、絶賛したのではないかな、なんて思ったり。
まぁとにかく、一年に何回出会えるかわからない、「得体の知れない映画」でありました。

85点

なんて偉そうなことをつらつらと書いてきましたが、
「語り合う?そんなものは必要ない。この映像を見やがれ」的な、
まさに、「Don’t think,feel」な映画もやっぱり大好きです。
完全に振り切れている映画。ビンビンdeath!


[PR]
by putain-day | 2015-06-25 09:04 | MOVIE2015 | Comments(0)

気になる映画 Lee Perry

カナリキテマス・・・

d0121781_7393526.jpg



[PR]
by putain-day | 2015-06-23 07:41 | MOVIE | Comments(0)

32作目 ある過去の行方

「ある過去の行方」を観た。

フランス映画です。タイトルからして、なんかムズムズくる。
以前、「別離」という映画を観て、結構面白かった記憶があり、同監督作ということで、観てみました。
フランスという国は、若干ではありますが、昔から縁のある国でして、気難しい作品が多いけれど、フランス映画は嫌いではありません。
あの独特な、言葉というか、comme des garconな感じというか。

日本では「?」と思われることも、生活に根付いていたりして、憧れではないけれど、これくらい肩の力を抜いてもいいのになって。

主演の女優さんが、よかったです。2013年のカンヌ映画祭で、賞を受賞されたのも頷ける。
感情が爆発したときが特によかったです。
個人的嗜好ですが、日本語で叱られるといらっとくるので、フランス語で罵られたいです。訳したら日本語よりきついことを言ってそうだけど。

主演の一人に、昨年観た預言者の主演でもあった、タハール・ラヒムさんが出演しています。
過去に闇をもっているような、キレたら何をするかわからないような、あの雰囲気。好きです。

決して好みの映画ではなかったけれど、作品と自分と向き合えるようなこんな作品を、一人劇場で、しれっと観てみたかったなって思いました。



78点
[PR]
by putain-day | 2015-06-23 07:37 | MOVIE2015 | Comments(0)

31作目 トゥモロー・ランド

「トゥモロー・ランド」を観た。

ちび猿2匹を連れて、映画館へ観に行ってきた。
なぜそこまでするのか。それは14日(トーフォーの日)で鑑賞料が安いから!
ってよりも、単純に映画館で映画を観たいってのが大前提ですけど。

子供を連れていくとなると、親のエゴばかり通すわけにはいかない。
惨殺シーンがあるものや、ホラーものなんてもってのほか。ミステリー、サスペンスなんて、おそらく落ちついて観れない。
だけど、子供のための映画も嫌だ。戦隊ものや、アニメとか。
となると、観る作品って限られてくる。
で、結局、ディズニーやピクサー関連物に着陸してしまうわけなんです。

ディズニー関連という知識だけはあったけれど、とりあえずな感じで観ました。
まぁディズニーですから、愛・夢・希望は予想してましたけど、今回はダイレクトでしたわー。振り切れてたけれど、それが嫌にはならなかった。
ありがちな言葉だけど、忘れていたものを思い出した的な、、、
くさい言い回しですけど、言い訳をウダウダせず、純粋に、ピュアな気持ちで何事も楽しむことって、とても大切なことです。

これからの時期、例えば子供は後のこと考えずに、水場やプールに着衣のままつっこみます。
大人は、「着替え、片付け、めんどくせー」ってなりますけど、子供と一緒につっこむくらいの、勢いは失いたくないです。
と言いながらも、「コラー!」とジャイアンのおかあさんばりの怒号がどうしてもとんでしまいますけど。

面白い映画ではなかったけれど、僕は好きな映画でした。

85点



やっぱり映画は映画館で観るのに限る。

予告もたっぷり観れたし。
MI:5、アベンジャーズ2、バットマンvsスーパーマン、進撃の巨人、007
ビッグバジェット映画がどんどんどんどん控えております。
[PR]
by putain-day | 2015-06-16 08:57 | MOVIE2015 | Comments(0)

BIKE

素晴らしい!!!

d0121781_7285294.jpg

[PR]
by putain-day | 2015-06-09 06:28 | SPORTS | Comments(0)

気になる映画 Point Break , Mammy

メモ

POINT BREAK



BELLA VITA

MOMMY


[PR]
by putain-day | 2015-06-04 06:25 | MOVIE | Comments(0)

気になる映画 Everest

大好きなジェイク・ギレンホールが山岳物映画に出演!

タイトルは直球勝負
その名も「EVEREST」!

d0121781_10243678.jpg


いいね!
[PR]
by putain-day | 2015-06-04 06:21 | MOVIE | Comments(0)