<   2017年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

陸海空

d0121781_14381178.png
我が家にはテレビがない。
理由はいくつもあるのだけれど、決して教育のため、子供のためでは決してなく、実験的にテレビの無い生活を送ったら、そのままになっているとこでしょうか。
テレビがなくても、新聞のテレビ欄を見たり、インターネットを見ていると「見たいな」と思う番組、特集はいくつかある。
某動画サイトで以前知ったのが、この番組。
動画サイトにテレビの動画や、ラジオの音源をアップすることは、違法(おそらく)らしく、こまめにチェックしていないとすぐに削除の対象になったりする。
番組名も覚えていなかったので、タイミングよくこの番組の動画を見つけたりすると、「あ~、これか」という具合でチェックする程度だった・・・

しかしその程度であったのだけれど、一人の男の登場によりその程度が頻繁に確認するようになり、いつしか虜となっていた。
番組の虜というより、その人の虜となっていた。

最初知らずにみたときは、えらく体をはって笑いをとる、芸人さんだと思っていたが、どうもその人はこの番組のディレクターさんらしい。
このブログでたまに「野生」という言葉を使うけれど、野生ではなく「野人」なのです。
アマゾンのジャングルに住む、原住民でもトライしないこと、食べないものを次々と体験し、原住民ですらこのディレクターを変人扱いする。
たしかに、いっちゃっているのだけれど、ただの変人ではない。

海外でのホームステイ経験でも身を以て感じたけれど、「郷に入れば郷に従え」なんですよね。
どんなに「うっ!」と思ってもとりあえずすすめられたらやってみる。すすめられなくてもやってみる。

これって旅先だけではなく実は、とても大切なことだと思う。
歳をとり、守るものが増え(たつもり)、段々と保守的になってしまいがちだけれど、失敗をおそれず、「とりあえず」やってみる。
やってみないことってたくさんある。というかやってみないと、行ってみないとわからないことしかない。

ただのクレイジーなディレクターな感じもするけれど、人情味があり、失敗を恐れず、なにごともトライする。
アマゾンのどんな僻地へ行っても、この人の周りにいる人達は笑いが絶えない。

どんなにお金持ちでも、どんなにおしゃれでも、どんなに高い車に乗っていても、どんなに良い家に住んでいても、やっぱり最後は人そのもの。
言葉もろくに通じないような、ジャングルの村に言って、「○○(某有名企業)会社の〇△□です」って言っても、まったく自己紹介にはならない。

仕事や学歴などを否定するつもりはまったくない。
大切なのは、どの学校を卒業したという過去よりも、今をどう生きていかということ。

価値観も宗教観も世界中色んな考えがある。
でもきっとこのディレクターは世界のどこへ行っても誰とでも友達になれるんだろうな。
重要なのは「行動力」

とても素晴らしい番組だと思います。

7月2日(日)にゴールデンタイムで特番が放送されるとのこと。
期間限定ですが、いまこちらで過去作が一挙にみることができます
残り少ない日数ですが、睡眠時間を削ってでも、やってられないような仕事は放っておいてでも、チェックするべし!

Go to Wild!











[PR]
by putain-day | 2017-06-29 05:37 | ドラマ2017 | Comments(0)

50作目 大阪外道

「大阪外道」を観た。



続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-06-28 05:14 | MOVIE2017 | Comments(0)

49作目 ケンパーク

「ケンパーク」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-06-28 05:12 | MOVIE2017 | Comments(0)

48作目 湯を沸かすほどの熱い愛

「湯を沸かすほどの熱い愛」を観た。






続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-06-28 05:03 | MOVIE2017 | Comments(0)

JACK DANIEL'S

神に最も近いDJと言われているのがDJ HARVEY
動画サイトやネットに挙げられる写真で、JACK DANIEL’Sの瓶を片手にDJしている姿をよくみかける御大。
そして昨年惜しくも亡くなった、MUSIC IS LOVE aka DAVID MANCUSOもDJのときはブース横に小さなテーブルを置き、そこにはいつもJACK DANIEL’Sが置いてあった。
何が言いたいかと言うと、味が云々、ウィスキーだのバーボンだのそんなの関係ない。
音楽好きなら黙ってJACK DANIEL’Sを呑みやがれって話。
なんといってもあのラベル。黒地に白い文字の潔さ。ロックだぜ。
美味しい酒ならいくらでもある、マッカランに山崎、響。そんなシャレオツな酒を飲んで、バーでゆっくり座り、人生を語る。それも悪くはない。
JACK DANIEL’Sは、味なんてどうでもいいんだ。ただ酔うために吞む酒。その潔さがあのラベルにあらわれているんだ。
昔から酔うために吞む酒ってのは、洋酒はJACK DANIEL’S、国産酒であれば鬼ころしと決まっている。
そんなJACK DANIEL’Sが全国縦断のイベントを開催するそうだ。
ここ富山にもやってくる。
当日は音楽もかかるそうだけれど、生半可な音楽がかかっていたら暴徒化してやる。
JACK DANIEL’Sをなめんじゃねー!と。
JACK DANIEL’Sを片手に持っていればどんなバカ騒ぎしていても、「だって神に最も近いDJと言われているのがDJ HARVEY
動画サイトやネットに挙げられる写真で、JACK DANIEL’Sの瓶を片手にDJしている姿をよくみかける御大。
そして昨年惜しくも亡くなった、MUSIC IS LOVE aka DAVID MANCUSOもDJのときはブース横に小さなテーブルを置き、そこにはいつもJACK DANIEL’Sが置いてあった。
何が言いたいかと言うと、味が云々、ウィスキーだのバーボンだのそんなの関係ない。
音楽好きなら黙ってJACK DANIEL’Sを呑みやがれって話。
なんといってもあのラベル。黒地に白い文字の潔さ。ロックだぜ。
美味しい酒ならいくらでもある、マッカランに山崎、響。そんなシャレオツな酒を飲んで、バーでゆっくり座り、人生を語る。それも否定はしない。
JACK DANIEL’Sは、味なんてどうでもいいんだ。ただ酔うために吞む酒。その潔さがあのラベルにあらわれているんだ。
昔から酔うために吞む酒ってのは、洋酒はJACK DANIEL’S、国産酒であれば鬼ころしと決まっている。
当日は音楽もかかるそうだけれど、生半可な音楽がかかっていたら暴徒化してやる。
JACK DANIEL’Sをなめんじゃねー!と。
JACK DANIEL’S片手に持っていればどんなバカ騒ぎしていても、許されてしまうと思う。
だって片手にJACK DANIEL’Sを持っているんだから。
最高の免罪符だよ。
色んな意味でのジャンキーが集まる、ファンキーなイベントになることを願う。
翌日は、JACK DANIEL’Sを腹に抱えて、そこらじゅうに酔いつぶれた人が倒れている光景になってたらいいな。
YES!JACK DANIEL’S!






[PR]
by putain-day | 2017-06-27 21:48 | FOOD | Comments(0)

AIMING HIGH HAKUBA

アカン、これ絶対におもろいやつやわ。

渋さ知らずオーケストラで狂気乱舞して
藤井隆のナンダカンダで昇天して
スチャダラバーのサマージャムで涙して
水曜日のカンパネラでうっとりして
日付が変わるまえには帰ってこれるし、どこかでキャンプしたり、帰りの道の駅で温泉入って車中泊でもよい。
ライブ中に、ジャンプ台を使って、ジャンパーが飛んでくるという情報もあるし、アクティビィティもたくさんあるし。

チケットまだ残っているみたいです。

d0121781_15044365.jpg



[PR]
by putain-day | 2017-06-27 12:03 | MUSIC | Comments(0)

47作目 血と骨

「血と骨」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-06-14 05:45 | MOVIE2017 | Comments(0)

続 五箇山音楽祭

二日目

d0121781_07520295.jpg













続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-06-13 05:19 | CAMP | Comments(0)

17.06.10五箇山音楽祭

五箇山の桂湖で開催された五箇山音楽祭にテントを持って参加してまいりました。

d0121781_21592850.jpg





続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-06-12 22:32 | CAMP | Comments(0)

たたら侍

面白い出来事があったので、記録として。
決して、噛み付いているわけでもなく、嘲笑っているわけでもないので・・・

現代、芸能界を席巻している、LDHグループ。
LDH=LOVE DREAM HAPPINESS。

音楽業界だけでなく、映像業界(ドラマ、映画)にも近年殴り込みをかけている。

旧作扱いになったら、絶対に観てやろうと思っている、Hi&Low。
ネットの声はなるべ見ないようにしているけれど、結構な叩かれっぷり。
マッドマックスをネタにしているのは一目瞭然。

そして今問題になっているのが、「たたら侍」
マッドマックスの次は時代劇なわけです。
10億円超え、一部では50億とも噂される製作費。
第40回 モントリオール世界映画祭 ワールドコンペティション部門 最優秀芸術賞という権威ある賞も受賞されている作品。

し、か、し、
先日、今作にも出演していた、俳優:橋爪功さんの息子さんが薬物所持で逮捕される。
それを受けて、「たたら侍」公開約一週間で公開打切りを発表。

ネットでは、作品自体が大コケ必至の内容で、出演者の逮捕を理由に打ち切られたと、荒れに荒れている。
ネットの情報を鵜呑みにもしたくもないし、あまりこのお祭りに関わりたくもないのだけれど、妙なドM根性が芽生える。

日本レコード大賞の買収も噂された、一部では悪名高き、LDHグループ。
LOVEなわけでも、DREAMなわけでも、HAPPINESSなわけでもない。
まさかモントリオールまで買収したのか!?
それともモントリオールの審査員がバカなだけなのか!?
太平洋側にあるネズミの大国のような幻想を見せられているだけなのでしょうか。

謎が謎呼ぶ、「たたら侍」
劇場に今すぐ走るべきかどうか、朝から悩ましいニュースでした。



[PR]
by putain-day | 2017-06-07 05:22 | MOVIE | Comments(0)