<   2017年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

静岡 IZU PHOTO MUSEUM

館内は、撮影禁止のため、一切の写真がないのですが、ミュージアムに入ると、杉本博司氏による前庭が。
THE 詫び寂び
後で知ったことだけど、ミュージアムの建築自体にも杉本博司氏が携わっているそう。

d0121781_22034792.jpg
ちくしょー!また横になってしまう!
Damn!

[PR]
by putain-day | 2017-08-31 22:05 | TRAVEL | Comments(0)

静岡 IZU PHOTO MUSEUM

館内は、撮影禁止のため、一切の写真がないのですが、ミュージアムに入ると、杉本博司氏による前庭が。
THE 詫び寂び
後で知ったことだけど、ミュージアムの建築自体にも杉本博司氏が携わっているそう。

d0121781_22034792.jpg
ちくしょー!また横になってしまう!
Damn!

[PR]
by putain-day | 2017-08-31 22:05 | TRAVEL | Comments(0)

静岡 IZU PHOTO MUSEUM

Terri Weifenbachの展覧会(国内外の美術館として初となる個展!!)があるというニュースを受け、ずっと行きたかった場所。
今回の旅はここを訪ねるために、静岡に来たも同然。
ここを訪ねるだけでは家族からのブーイングは必至だったので、御殿場アウトレット、富士サファリパーク、沼津港深海魚水族館へ寄り、家族を接待してからの待ってました、最終目的地。

写真や美術に詳しいわけではないけれど、本物を近くで鑑賞するということは、作品のパワーを肌で感じられ、圧倒される。映画も映画館で観た方がいいように、美術品も美術館で直接鑑賞するのとしないのとでは、まったく違う。

唯一無二。
来てよかった。

d0121781_21582976.jpg



[PR]
by putain-day | 2017-08-31 21:58 | TRAVEL | Comments(0)

静岡 クレマチスの丘

敷地内にある美術館を訪ねるために、クレマチスの丘という場所へ。
優雅なムードが漂う場所。

出迎えてくれたのは、草間彌生の大きなオブジェ。

d0121781_21481983.jpg
なぜか写真が縦にアップされないので、横向きのまま掲載します・・・
結構大きいオブジェでした。


[PR]
by putain-day | 2017-08-31 21:49 | TRAVEL | Comments(0)

静岡 沼津港深海魚水族館

d0121781_10495758.jpg
冷凍保存されているシーラカンスをみれます。
そもそもシーラカンスが展示されている水族館って、世界でも有数だそう。
信じられないくらいの金額がかかっているとのことです。

昔、シーラカンスのはく製?レプリカ?をみた記憶があるのだけれど、想像よりも大きくて驚きました。

生きる化石とも呼ばれるシーラカンス。
最後に生息が確認されたのが1938年。
今も地球のどこかの深海でひっそりと泳いでいるシーラカンスがいるかと思うとそれだけで、ワクワクします。

一見の価値、大いにあり!!




[PR]
by putain-day | 2017-08-30 05:49 | TRAVEL | Comments(0)

静岡 沼津港深海魚水族館

夏休み
静岡に行ってきました。

大好きなテレビ番組、「クレイジージャーニー」で特集されていた方が館長をつとめている、沼津港深海魚水族館へ。

ラブカ
d0121781_10435724.jpg
シン・ゴジラをご覧になった方はわかるかと思いますが、ゴジラに進化する前のモデルとなった、深海サメです。
不気味な歯は約300本ほどあるけれど、びっくりするほど弱く、噛む力もそんなにないとのこと。
知識はないけれど、ダイオウイカをはじめ謎めいた深海には昔から興味があったので、決して広いとは言えない館内でしたが、童心にかえりとても楽しめる水族館でした。

テレビで放送される前から、人気があって混みあっていたという水族館。
休日、ましてや連休ともなると、長蛇の列ができるみたいです。

場合によっては開館時間を早めることもあるそうなので、気になる方は事前に水族館に確認された方がよいかと思います。

漁港に近い場所なので、周辺は小規模な築地のような感じ。
時間が許されれば、もっとゆっくりしたかった場所でした。








[PR]
by putain-day | 2017-08-30 05:38 | TRAVEL | Comments(0)

安藤忠雄 ~挑戦~

「世界の安藤」の展覧会があるそうです。

d0121781_09582156.jpg

タイトルが「挑戦」
いいですね。
御年75歳。

今は天国にいる我が家の婆さんに死ぬまで勉強だと、説教されつづけられましたが、いつまでも挑戦しつづける、タフなハートと体力は持ち合わせたいものです。

あるラッパーは言いました。
「面倒くせぇじゃ てっぺんはとれん 挑戦こそがオファーの条件」
格言。

毎年のことなのだろうけれど、今年は全国各地の美術館で面白い展示をやっている気がする。
これもきっとどこかにあるのだろうけれど、全国各地の美術館の展示を一覧できるwebや雑誌があればいいのに。
御存知の方、教えてください。







[PR]
by putain-day | 2017-08-28 05:53 | EVENT | Comments(0)

67作目 沈黙~サイレンス~

「沈黙~サイレンス~」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-08-24 20:35 | MOVIE2017 | Comments(0)

66作目 グエムル 漢江の怪物

「グエムル 漢江の怪物」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-08-24 00:02 | MOVIE2017 | Comments(0)

65作目 疾風スプリンター

「疾風スプリンター」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2017-08-19 18:18 | MOVIE2017 | Comments(0)