富山マラソン2017

今年で3年目となる、地元で開催されるフルマラソンの大会、富山マラソンに三年連続、今年も挑戦する事にしました。
エントリー代は高いし、体のあちこちは痛くなるし、苦しいだけのマラソンに今年も出場と思うと、すでに気が重い今日この頃です。

なぜそんな大会に三年連続も出場する事になったのか。
それは「山」という存在が大きいかもしれません。
富山マラソンが終わり、しばらくすると雪山シーズンの始まり。
休みめがけて、各地の山へというほど、熱狂的なスキーヤーではないけれど、数は少なくてもやっぱり納得のいく滑りをしたい。
となると、足腰くらい鍛えておかないと、となるわけです。
たまに滑りに行っても張り切りすぎて前日飲みすぎて、最高の二日酔いのまま滑りに行くという言語道断な日々の連続なのですが・・・

あとは夏山も。
これも各地の山を転々というほど、熱心な登山は行いませんが、やはり立山くらいは、大日岳くらいは、スイスイと登れる体力をいつも持っていたいと思うところ。道具の軽量化が主流な昨今ですが、「強くあれ」が一番だと思います。

前述が長すぎて、言い訳がましいですが、トレーニングの一環と思えば、苦しい長距離もなんとかなるわけです。
自分がいかにストイックではないかを知っているので、タイムの短縮を狙うようなマラソンはほぼ絶対的に無理だと思います。

先日、子供達の運動会へ参加してきました。
競技に順位というものはつきものですが、純粋にスポーツ、運動を楽しんでいる園児達を見ていると、スポーツの本当の大切さを教えられた気がします。
親の本気な姿ってなかなか子供に見せる機会ってないのでは。
一年に一度くらい、ボロボロになる親の姿を見せるのも決して悪いことではないような。

残り一ヶ月。
燃え尽きて、雪山シーズンを迎えたいと思います。






[PR]
by putain-day | 2017-09-25 23:28 | SPORTS | Comments(0)
<< 懸垂下降 78作目 シークレット・アイズ >>