26作目 スキップ・トレース

「スキップ・トレース」を観た。






ジャッキー映画の鉄則
其の一:ジャッキーが警官であること。
其の二:エンドクレジット前にNG集が流れること。
其の一は、まぁどうでもよいとして、完璧なジャッキー映画でした。

全盛期と比べること自体おかしいのだけれど、確実にアクションシーンの体のキレは落ちてはいた。
しかし、それは当然のこと。
御歳64歳なのだから・・・
おそるべき64歳。
世の中こんな64歳が増えたら、大変なことになってしまう。

あるインタビューでジャッキー本人が応えていたけれど、度重なる激しいアクションシーンで負傷した傷、手術した箇所が、毎朝起きる度に激痛がはしり、目覚めてから、起床するまでに、かなりの時間を要するらしい。
もはや生きる伝説。

ジャッカスでお馴染の、ジョニーノックスビルとの相性もバッチリでした。

いつぞやの作品では、これで本格的アクション映画は最後なんてアナウンスも聞いたりしたことがあったけれど、ジャッキー映画は永遠に不滅です。


[PR]
by putain-day | 2018-04-15 00:41 | MOVIE2018 | Comments(0)
<< 27作目 ラフ・ナイト 史上最... 25作目 ジョンウィック2 >>