東京

久しぶりの東京。

外国人の多さに驚きました。
中国人の多さが顕著でした。

上野におりたち、時間もありあまっていたので、とりあえず西郷どんの銅像前へ。
外国からの観光客に写真をとってくれと頼まれる。
いいよ~なんて笑顔で対応していると、「YOUはあの銅像に似ているな。サムライだなと」言われる。
頭にきたので、カメラを破壊して、逃走。

初めて行った、コムデギャルソンン青山本店。
ここでも中国人の爆買いが目立っていました。
PLAYのTシャツを大量に買っている方。(親族みんなへのお土産のもよう)
志茂田景樹のようなおっちゃんが、これぞコムデギャルソンな服や、スカートなどを「ファンタスティック!!」と連呼しながら、爆買い。
中国人の店員さんも配置されていました。
パラレルワールドでした。

ふと入った、表参道のおしゃれな本屋さん。
施錠されたディスプレイの写真集に目がとまる。
店員さん「中身見れますので、ご覧になりますか?」と笑顔で対応。
せっかく東京来たし、内容がよかったら、買っちゃおうかと、一瞬でも思った自分が恥ずかしい。
ちなみに店員さんは、どういう写真集かすら説明ができないレベルでした。
巻末の値札、¥160,000.也
「あまり好きな内容じゃなかったので、また今度にします」と捨て台詞をはいて、小走りで逃げる。

ちょっとマニアックな質問したくて、アウトドアブランドショップを数件巡るも、配置されたスタッフの多くは、あくまでもファッションとして扱う方ばかりで、納得いく返答を得られず、どの店もすぐに退散。
フィールドに出て、自社商品を扱い、薀蓄を述べてくれるスタッフを配置していたのは、おそらくP社だけだったように思う。
そして、ここでも中国人。

一日だけの滞在でしたが、歩きに歩き、iphone上では約20km歩いたことに。
数値は怪しいけれど、かなり歩いた自負はある。
adidasのboostソールのスニーカーを履いていったのだけれど、疲れはピークには達しなかった。

東京でのiphoneの電池の減り様は、富山県の倍以上あるのではないかというくらい、早い。

日帰りという短い間で、印象に残った出来事を綴ってみました。


[PR]
by putain-day | 2018-04-16 22:21 | TRAVEL | Comments(0)
<< アウトドアウェア ぽん多本家 >>