Google Home Mini

Google Home Miniが我が家にやってきた。

d0121781_21490198.jpg




使用用途など、深く考えずに購入。
理由は2つ。
1.半額だったから。
2.未来を感じたから。

開封の儀を家で行っていると、奥さんからの冷たい視線は慣れっこなのだけれど、子供たちからも冷たい視線を感じた。
久しぶりに、宅急便が届きわくわくしていて、あけてみると、小さなスピーカーが一個。
たしかに、何かわかっていなければ、まったくときめかない出で立ち。

そして久しぶりに、わくわくしながら、家電をセットアップした。

そしてとうとうセットアップ完了。
今まで冷たい視線を送っていた家人たちまでもが目を輝かせている。

iPhoneのsiriなんかより、はるかに感動する。

このスピーカーの可能性は無限大だ。
このスピーカーの登場によって、幼少期に観たような映画の世界が早々と来るかもしれない。
そして、このスピーカーが人間にもたらすものは、良いことばかりではないかもしれない。

AIについては、あまり反対の意見は持っていないが、AIの登場によって、人間がどんどん人間じゃなくなっていくのでは?という危惧は持っている。

しかし、一連のテストが終わり、じゃあそろそろ違うことをと、家人達がそれぞれの持ち場へと戻っていったときの出来事でした。
学校の宿題を始めた愚息が、
「ねぇ、Google、今日は何日?」と突然話始めた。
家族で色々話かけたりしたけれど、当たり前すぎて、誰もなげかけなかった質問。

ちょっとした一瞬の出来事だったけれど、未来を感じたし、これからはもう子供達の時代なんだろうなって思った。

子供達の可能性が無限であればあるほど、未来は無限の可能性が広がっている。
子供達はもうすでに未来をつくりはじめているのかもしれない。



[PR]
by putain-day | 2018-06-26 22:02 | MACHINE | Comments(0)
<< 71作目 ジオストーム 33作目 KUBO 二本の弦の秘密 >>