<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

その峰の彼方

「その峰の彼方」を読んだ。

d0121781_08495435.jpg




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2018-04-22 06:58 | BOOK2018 | Comments(0)

28作目 ブラッドスローン

「ブラッドスローン」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2018-04-21 05:50 | MOVIE2018 | Comments(0)

五箇山音楽祭

音楽祭といえば、こちらもハズせない!!
今年は晴れてくれればいいな~

d0121781_12233758.jpg

[PR]
by putain-day | 2018-04-20 12:24 | MUSIC | Comments(0)

飛騨高山ジャズフェスティバル

いいな~こういう音楽イベントを街ぐるみでできるって。

仕事柄昼の部は難しいかもしれないけれど、夜の部は行ってみたいな~
こだま和文さんや川辺ヒロシさん、それにJAZZY SPORTからはCHOKUさん、すごいメンツ!!

d0121781_11490262.jpg

[PR]
by putain-day | 2018-04-20 05:43 | MUSIC | Comments(0)

デナリ 大滑降  

2017年、最もよく観た映像かもしれない、この大冒険の記録が、いよいよBlu-Rayディスクで発売されます。
我が家ではBlu-Rayは残念ながら再生する機器を持ち合わせていないのだけれど、買おうかと迷ってしまうくらい、2017年の自分にとっては衝撃的な冒険記録でした。

スキーをはじめた、子供たちにとっても、私の洗脳活動によって、佐々木大輔氏はヒーロー的存在になってしまったので、これはいよいよ買うしかないのか。
とりあえず晩酌しながら、また観よう。



[PR]
by putain-day | 2018-04-18 22:05 | OUTDOOR | Comments(0)

アウトドアウェア

アウトドアウェアに関して
何でこんなものがこんな値段するんだというものに限って、永年の愛用品となる傾向が多々あります。
気づけば10年選手のものもちらほら出てきました。

わざわざブログにアップすることでもなけれど、わざわざTwitterでつぶやくことでもないし、なんとなく記録しておきたかったので。

[PR]
by putain-day | 2018-04-17 22:29 | OUTDOOR | Comments(0)

東京

久しぶりの東京。

外国人の多さに驚きました。
中国人の多さが顕著でした。

上野におりたち、時間もありあまっていたので、とりあえず西郷どんの銅像前へ。
外国からの観光客に写真をとってくれと頼まれる。
いいよ~なんて笑顔で対応していると、「YOUはあの銅像に似ているな。サムライだなと」言われる。
頭にきたので、カメラを破壊して、逃走。

初めて行った、コムデギャルソンン青山本店。
ここでも中国人の爆買いが目立っていました。
PLAYのTシャツを大量に買っている方。(親族みんなへのお土産のもよう)
志茂田景樹のようなおっちゃんが、これぞコムデギャルソンな服や、スカートなどを「ファンタスティック!!」と連呼しながら、爆買い。
中国人の店員さんも配置されていました。
パラレルワールドでした。

ふと入った、表参道のおしゃれな本屋さん。
施錠されたディスプレイの写真集に目がとまる。
店員さん「中身見れますので、ご覧になりますか?」と笑顔で対応。
せっかく東京来たし、内容がよかったら、買っちゃおうかと、一瞬でも思った自分が恥ずかしい。
ちなみに店員さんは、どういう写真集かすら説明ができないレベルでした。
巻末の値札、¥160,000.也
「あまり好きな内容じゃなかったので、また今度にします」と捨て台詞をはいて、小走りで逃げる。

ちょっとマニアックな質問したくて、アウトドアブランドショップを数件巡るも、配置されたスタッフの多くは、あくまでもファッションとして扱う方ばかりで、納得いく返答を得られず、どの店もすぐに退散。
フィールドに出て、自社商品を扱い、薀蓄を述べてくれるスタッフを配置していたのは、おそらくP社だけだったように思う。
そして、ここでも中国人。

一日だけの滞在でしたが、歩きに歩き、iphone上では約20km歩いたことに。
数値は怪しいけれど、かなり歩いた自負はある。
adidasのboostソールのスニーカーを履いていったのだけれど、疲れはピークには達しなかった。

東京でのiphoneの電池の減り様は、富山県の倍以上あるのではないかというくらい、早い。

日帰りという短い間で、印象に残った出来事を綴ってみました。


[PR]
by putain-day | 2018-04-16 22:21 | TRAVEL | Comments(0)

ぽん多本家

先日、丸一日時間があいたので、思い立ったが吉日ということで、日帰りで東京へ行ってきました。
日帰りだったので、手ぶらで。よく考えてみると、手ぶらで東京なんて、人生初だったと思います。

目的は「とんかつ」を喰らう。
昔から、おいしいと言われるような蕎麦屋にいってもかつ丼を頼んでしまうくらい、かつ丼って好物だったのですが、最近はとんかつにはまってしまって。
はまるってほどでもないけれど、とんかつの奥深さを知ってしまったというか、おいしいとんかつを食べたい欲求が高まったしまったのです。

いつかこういう日が来るであろうと、買っておいたBRUTUSのとんかつ特集を深夜に読みふけろうと思っていたのですが、疲れと酔いで、数ページ読んで撃沈。
気づけば朝に。
空港ビールをメイクして、機上の人となりました。

本当は、目黒にある「とんき」に行きたかったのだけれど、まさかの夕方からの営業。
BRUTUSに掲載されていた店の多くが、日曜日休業の文字が目立ちました。

そんななか、行ってきたのが、御徒町駅近くにある、「ぽん多本家」でした。
とんかつというより、「カツレツ」が有名な名店です。

開店時間のかなり早く前についてしまい、することもなかったので、行くあてもなくブラブラ散歩。
秋葉原のメイド喫茶周辺を散策したり、意味もなくアニメの店に入店したり、俗にいうアキバ系と言われる人々を観察したり。
そうこうしているうちに、開店時間も近づき、お店に戻ることに。
すると、さっきまでなかった、行列が・・・
幸いにも長蛇の列ではなかったけれど、もうちょっと遅れると危なかったです。

そして入店。
BGMもなく、ザ職人さんが、動き、調理するだけの音だけがする静かな店内。
カツレツも、低い温度でじっくり揚げているのか、カツを切る「ザクッ」って音だけが響くような店内でした。
そして職人さんたちは、淡々と調理をすすめる。
もう、この時点で、やられました。
ラーメン店のような元気さも、繰り返し確認される注文もなく、ただただ淡々と。
この淡々さが、自分は好きでした。

食事はみんなで楽しく、美味しくがモットーでしたが、たまにはこういう静かな店で、ひたすらカツを喰らうのも極上の贅沢と思い、出されたカツレツを、ひとつ、またひとつ喰らいました。
とにかく美味だったのが、ご飯セットに含まれる、自家製の漬物。漬物を食べて久しぶりにムムっ!と唸ってしまいました。
そしてお茶も美味しかった。

コンディションだったのか、また食べたいと思う味ではなかったけれど、ぜひまた行きたいと思う店でした。

ごちそうさまでした。
d0121781_20521973.jpg







[PR]
by putain-day | 2018-04-16 21:27 | FOOD | Comments(0)

28作目 20センチュリー・ウーマン

「20センチュリー・ウーマン」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2018-04-15 01:00 | Comments(0)

27作目 ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー

「ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー」を観た。




続きを読む
[PR]
by putain-day | 2018-04-15 00:47 | MOVIE2018 | Comments(0)